倉庫の求人や仕事内容は?薬剤師の薬局や病院以外の採用先「倉庫」を紹介

薬剤師転職

薬局での服薬指導や病院での病棟業務に疲れていませんか?

薬剤師の求人・就職先に薬局や病院、ドラッグストアを想像する方は多いのではないでしょうか。じつは、薬剤師の隠れた就職先に倉庫というものがあります。倉庫での業務には患者さんと接することがないため服薬指導や調剤業務が存在しないことが特徴です。そのため、薬局や病院での調剤業務に苦手意識がある場合には倉庫業務を検討してみてもいいでしょう。

今回は、薬剤師の就職先としての倉庫業務について解説していきます。

なぜ倉庫に薬剤師の需要があるの?

薬剤師といえば病院や調剤薬局、ドラッグストアで白衣を着て働いているイメージがありますが、倉庫などの物流にも薬剤師の活躍の場が存在しています。ここではなぜ薬剤師が調剤業務以外でも需要があるのかを解説します。

医薬品を取り扱うには薬剤師が必要

病院、薬局やドラッグストアだけでなく医薬品卸や物流センターでも医薬品を取り扱う場合には管理薬剤師の配置が医薬品医療機器等法(薬機法)で義務付けられています。

そのため、病院で処方されるような医療用医薬品だけでなくドラッグストアで販売されている一般用医薬品、漢方薬、一部の健康食品やサプリメントなどを倉庫や物流センターで取り扱う場合には倉庫ごとに管理薬剤師を一人置く必要があります。

医薬品の取り扱いに専門知識が必要

医薬品の中には品質保持のため保存方法に注意が必要なものも存在しています。世の中に流通している医薬品の数は膨大で冷所保存などの保存に指定温度があるもの、麻薬などの法的規制が厳しい医薬品などそれぞれ管理するためには専門知識が重要です。そのため、医薬品の適切な管理には薬のスペシャリストである薬剤師が必要といえます。

顧客に対して医薬品情報を提供する必要

医薬品卸などの物流センターは病院や調剤薬局などとは違って患者さんに対して服薬指導をしないですが、病院や薬局などから問い合わせされることがあります。薬剤師だけでなく、医師、看護師などから問い合わせがあることもあるので医薬品に対してより深い理解と情報収集能力が必要です。

どんな会社が倉庫での薬剤師を募集しているの?

医薬品を取り扱う会社は様々な存在し、大量に医薬品を取り扱っているため倉庫も必要となることがあります。倉庫を必要とするほど医薬品を取り扱っている会社を紹介します。

医薬品卸

医薬品卸は、製薬会社から医薬品を仕入れ、病院や調剤薬局、ドラッグストアに医薬品を供給しています。地域に存在する病院、薬局などの医療機関へ安定した医薬品供給を行うために大量の医薬品を倉庫で保管する必要があります。

卸業以外にも医薬品の副作用が発生した場合の対応や情報収集、報告、医療情報の提供、収集しています。病院や薬局からの問い合わせに対応することもあります。

また、平成29年にC型肝炎治療薬のハーボニー配合錠の偽造品が薬局に流通して患者さんの手に渡ってしまった事件があったため、医薬品の偽造品流入防止などの品質管理における医薬品卸が果たす役割は重要です。(参照:「ハーボニー配合錠」偽造品流通事案と国の偽造医薬品対策について

物流センター

ドラッグストアで販売されている一般用医薬品は一部を除いてインターネット通販でも購入できます。インターネット通販で販売されている商品は大型の倉庫で保管され、医薬品も例外ではありません。

一般用医薬品はリスク区分によって要指導医薬品、第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品に分類されています。要指導医薬品は薬剤師の対面での情報提供が必要なのでネット通販での購入ができませんが、一般用医薬品はインターネットでの販売が可能です。

しかし、第1類医薬品は薬剤師からの情報提供が必要であり、インターネット販売でも薬剤師のメールや電話での情報提供が義務付けられています。そのため、物流センターでも医薬品の品質管理以外にも顧客への情報提供が必要なので薬剤師の需要があります。

製薬メーカー

製薬会社で製造された医薬品を医薬品卸に納品する前にも様々な倉庫を経由します。医薬品の製品、原料を製造する「製造業者」でも倉庫が必要です。

また、薬機法で定められている医薬品の製造は別の製薬会社が行い、製品を市場に出荷してもいいのか判断する「製造販売業者」というものがあります。製造販売業者は、医薬品の市販後の不具合や問題について全責任をもつことが義務付けられ、海外の製薬メーカーから輸入して日本の製薬メーカー代理で販売する場合も品質を確保する必要があります。

製造業者、製造販売業者はどちらも大規模な倉庫に医薬品を保管するため薬剤師を配置する義務があります。

「倉庫」と名前がつく企業で大きい会社と言えば三井倉庫や三菱倉庫などを思い浮かべる人も多いでしょうが、例えば三菱倉庫の求人ページを見てみると、職務内容「倉庫・国際輸送事業部門」の個所に「医薬品に関する物流事業の営業、企画、管理等(薬剤師資格)」と記載があります。もちろん大手なので入社するには相応のハードルがあるでしょうが実際に薬剤師が倉庫会社で活躍しているのが伺えます(参照:三菱倉庫)。

倉庫での薬剤師の仕事内容は?

医薬品卸、物流メーカー、製薬メーカーなど様々な企業が医薬品を保管するための倉庫を保有しています。企業は医薬品を取り扱うために薬剤師を配置する義務があり、病院や薬局の薬剤師とは異なる業務・仕事内容をこなしています。

医薬品の品質管理

医薬品の保管には温度、湿度、光などに注意する必要があるものがあります。インスリン注射や油脂性基材の座薬など冷所保存しないと品質が保てないものや、吸湿性のある薬剤などがあり、倉庫内の温度や湿度を一定に保たれているか確認する必要があります。倉庫内で虫やネズミなどいると医薬品をかじられたり、衛生的な問題が起きたりと品質を保てなくなるので倉庫内の状態を常に清潔に保つことも重要です。

医薬品の在庫管理

医薬品を倉庫に納品したり、出荷したりと倉庫内の医薬品在庫は変動しています。医薬品の在庫数を正確に管理しなければならないので検品作業も業務内容としてあり、出荷時に破損などがあれば取り除く必要もあります。

GMPの手順書作成

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で製造業者、製造販売業者が守るべき「適性製造規範のことです。GMPは医薬品の原材料の入荷、検品、製造、包装、出荷、保管、回収など品質管理に関わる規定があり、薬機法によってGMPを遵守することが定められています。

GMPは定期的に改定されるため、業務手順書も改定に合わして作成する必要があります。倉庫によってはGMPの手順書作成も倉庫薬剤師の重要な仕事内容の一つです。

DI業務

医薬品卸では、医薬品を病院、薬局などの医療機関へ配送します。医薬品について製薬会社へ問い合わせする場合が多いですが、医薬品卸へ問い合わせすることもあります。そのため、医薬品の情報提供も薬剤師の業務です。

また、一部の一般用医薬品は購入するために薬剤師の情報提供が義務付けられているため顧客に対しての情報提供を行っています。

調剤業務と倉庫業務の違い

病院、薬局で薬剤師が行う調剤業務と倉庫で薬剤師が行う業務には明確な違いが存在しています。調剤業務と倉庫業務の違いを理解することで倉庫業界への転職で後悔することが少なくなることでしょう。

服薬指導や病棟業務など患者と接しない

病院や薬局では、患者さんが安全に医薬品を使用するために服薬指導や病棟業務が存在しています。倉庫では医薬品の品質管理、検品、DI業務を行うことがほとんどであるため患者さんと直接関わることはないと考えた方がいいでしょう。

調剤スキルや相互作用の知識は必要ない

調剤業務に必要なスキルとして軟膏、散剤、水剤などの混合、一包化、服薬指導や病棟業務などの対人業務などがあります。倉庫では調剤業務をすることがないので調剤スキルを持っている必要はありません。また、医薬品を患者さんへ渡すこともないため病院、薬局薬剤師に比べると医薬品の相互作用を考える機会もほとんどありません。

製造管理や物流業務をすることもある

薬剤師が製薬メーカーの倉庫で勤務すると製造管理業務を行うことがあります。製造管理についてGMPを遵守しなければならないので医薬品の品質管理に重要な業務といえます。

物流センターでは薬剤師も物流業務をすることもあります。医薬品の期限切れが少なくなるように在庫管理をしたり、期限が切れた医薬品を廃棄したりするのも薬剤師の業務です。

倉庫薬剤師の求人の特徴

倉庫薬剤師は、病院薬剤師や薬局薬剤師とは違う傾向があります。倉庫薬剤師に興味がある場合には求人の傾向を把握してみるといいでしょう。求人の例としては上記で説明した三菱倉庫の求人などもチェックしてみるといいでしょう。

地方での求人が多い

医薬品卸や物流センター、製造メーカーなど医薬品を取り扱う倉庫はコスト削減のために土地の値段が安い地方に作られていることが多いです。医薬品の流通のため交通の便がいい場所に作られることもありますが、都市部には勤務地がほとんどないと考えた方がいいでしょう。そのため、倉庫薬剤師は自動車で通勤が必要なことが多いです。

年収は低め

倉庫薬剤師の年収は、薬局やドラッグストアに比べると低めの水準になっています。対人業務も比較的少なく、残業もほとんどないため高年収を目的としている場合には倉庫薬剤師は向いていないといえます。

大企業の求人が多い

倉庫の維持するために大きな資本と人員が必要となるため倉庫薬剤師の求人を出している企業は大規模なところが多いです。会社基盤がしっかりしている企業が多いので福利厚生が充実しており、高い有給消化率と残業の少なさも倉庫薬剤師の魅力の一つです。

倉庫薬剤師の求人に応募する前に注意したい点

倉庫薬剤師の求人に応募し就職し、その後に病院や薬局への転職を考える場合には倉庫薬剤師への転職というキャリアが病院や薬局への復職に影響があるケースもあるので倉庫薬剤師に興味がある場合には気をつけた方がいいでしょう。「薬局や病院への復帰が難しくなる可能性もある」という点は意識が必要です。具体的に紹介します。

必要とするスキルや知識が違う

薬局や病院で必要とされるスキルとしては調剤スキルがあります。調剤スキルは薬剤師として必要とされる技能で医薬品の混合、一包化などの対物業務以外にも服薬指導や病棟業務など対人業務も含まれています。また、患者さんの併用薬と処方薬の相互作用に対する問題の有無、混合して配合変化についての知識など、倉庫での業務に必要なスキル、知識に明確な違いが存在しています。

また近年では、かかりつけ薬剤師や在宅訪問など対人業務に報酬の非常が大きくなってきています。今後の調剤報酬改定によってさらに対人業務が重要になってくることが予想されているので薬剤師のあり方が変化してきているといえます。薬剤師業務も少しずつ変化してきているため倉庫薬剤師を長期間継続していると必要とするスキルがどんどんずれていくことが懸念されます。

倉庫での勤務期間がブランク扱いになることも

倉庫薬剤師を長年勤務をしても調剤スキルを使うことがないため病院や薬局ではブランクとして見られることがあります。業務内容が大きく異なるため職歴が評価されないため年収や待遇など納得のいくような転職をすることが難しくなる可能性があります。

先述した「必要とするスキルがどんどんずれていく」という点から薬局や病院の業務に対応できなくなることも考えられます。かかりつけ薬剤師や在宅訪問など倉庫薬剤師も医療業界の動向について確認しておく必要があります。

薬剤師が倉庫の求人を見つけるには?

倉庫薬剤師の求人数は、病院や薬局、ドラッグストアの求人よりもかなり少ないです。また、都市部より倉庫を建設しやすい郊外での求人が多くなる傾向にあります。そのため、倉庫薬剤師の求人を見つけるのは難しいことが多いです。倉庫薬剤師の求人を見つける方法を解説します。

ハローワーク

ハローワーク は、求人を掲載する際に企業が料金を支払う必要がないため採用のコストを抑えることができるため様々な企業が求人を掲載しています。医薬品卸や物流センターの求人も掲載していることがありますが、倉庫薬剤師の求人を探せるかという点では可能性は高くはないでしょう。

転職サイト

ハローワーク は公的な機関ですが民間の転職サイトで求人を探してみるといいでしょう。転職サイトでは、求人の掲載に料金がかかるため、ある程度予算に余裕のある企業だけで人材の募集を行えます。昨今は薬剤師専門の転職サイトをリクルートやマイナビなどが展開しています。

転職エージェント

ハローワークや転職サイトで求人の応募をした場合には年収や待遇の交渉を自分でしなけれならないので転職へのハードルが上がります。転職エージェントは企業に対して交渉を代わりにしてもらうことができます。また、倉庫薬剤師の求人を探してもらえるので転職活動を考えている薬剤師の強い味方です。こちらもリクルートやマイナビなど大手サービスがあります。

倉庫薬剤師求人が見つかる転職サイト・エージェント「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師はこちら

転職サイト・エージェント大手の一角「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師はこちら

倉庫で働く薬剤師記事:まとめ

ほとんどの薬剤師が病院、薬局、ドラッグストアに就職しますが、倉庫にも薬剤師の需要があります。この記事で理解を深めてみてください。

倉庫で医薬品を取り扱う場合には薬機法によって管理薬剤師を一人配置する義務があり、薬剤師は医薬品の品質管理、在庫管理、DI業務を行っています。倉庫薬剤師を必要としている企業は医薬品卸、物流メーカー、製薬メーカーなどの医薬品を取り扱う業種です。倉庫薬剤師は、都市部ではなく郊外での勤務が多く、年収も低めですが、規模の大きい基盤のしっかりした企業が多いので福利厚生がしっかりしていることが多いです。

倉庫薬剤師になるにはハローワーク、転職サイトに掲載されている求人に応募する方法がありますが、転職エージェントは給与や待遇の交渉も代わりにしてもらうことができるので倉庫薬剤師への転職を考えている方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました