【製薬会社への薬剤師転職】高年収を狙う薬剤師に人気

薬剤師転職

年収アップを図りたいと考えている薬剤師の方は少なくないでしょう。薬剤師の年収アップの方法にはいくつかありますが、難易度はまた別の話として、1つの選択肢として製薬会社への転職があります。

今回は製薬会社への転職が年収アップの転職の選択肢の1つとなる理由を、あらゆる実データを挙げて分かりやすく解説します。転職時の注意点についても記載があるので、年収アップしたい薬剤師の方、製薬会社へ転職したい薬剤師の方は是非目を通してください。

まずは薬剤師の年収実態を調べてみよう

薬剤師の年収は高いと言われていて年収アップは不可能ではありません。少々のアップで満足できるなら、待遇の良い調剤やドラッグストアへ転職すれば希望は叶います。しかし、少々では満足できないという人もいるでしょう。そんな方の選択肢の1つになりうるのが【製薬会社への薬剤師転職】です。

製薬会社の年収について言及する前にまず確認して欲しいのが、薬剤師の年収実態です。まずはこれをベースとして、どれほどの年収アップが可能かを判断していきましょう。

薬剤師の平均年収は561万6500円

厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によれば、薬剤師の平均年収は561万6500円でした。きまって支給する現金給与額(毎月の給与)が398,600円、年間賞与その他特別給与額が833,300円など具体的な数字は以下の記事で解説があります。10人以上の勤務者がいる職場のデータです。

【調剤薬局薬剤師の平均年収】低い年収を上げる方法も解説
薬剤師年収について疑問を感じたことはありませんか?薬剤師の年収については世間では比較的に高いイメージを持たれていますが、同じ薬剤師ではなかなか年収について話すことは少ないでしょう。 年収は、将来のキャリアプランや転職を考えたときに経験...

男女別の薬剤師の平均年収

次は男女別の平均年収比較です。日本では年齢が進むにつれ、年収に男女差が生まれる傾向が強く見られます。この傾向は職務内容に男女差が見られない薬剤師でも変わりません。

年齢 男性 女性
25歳~29歳 444.1万円 423.5万円
30歳~34歳 529.8万円 475.5万円
35歳~39歳 598.9万円 511.0万円
40歳~44歳 599.5万円 546.6万円
45歳~49歳 655.9万円 581.0万円
50歳~54歳 690.1万円 641.5万円
55歳~59歳 700.2万円 590.0万円
60歳~64際 581.9万円 512.4万円
全体平均 554.4万円 504.9万円

(参考:令和元年賃金構造基本統計調査)

薬剤師の男女差は上記のように存在するわけですが、全業種における男女の平均年収差よりもマイルドなものではあります。これは薬剤師の職務内容に大きな男女差がないことなども理由として挙げられるでしょう。薬剤師の人口比で女性が多いというのもうなずけます。

薬剤師の年収アップの方法の考察

それでは実際に薬剤師が年収アップする方法を検証していきましょう。薬剤師が年収アップする方法はいくつかあります。短期間で確実に年収アップできる点においては、転職が一番おすすめです。

方法 おすすめ度
昇進を目指す
資格取得を目指す
雇用形態を見直す
転職で職種を見直す

昇進を目指す

これは最も堅実な方法と言えるでしょう。しかし、昇進には長い時間を要するのがネックです。しかも、必ず昇進できるとは限りませんし、昇進したから大幅昇給となるわけではありません。現在の年収に不満があり、早急に昇給を望んでいる人にはおすすめできる方法とは言えません。

資格取得を目指す

これも昇給と同じく、資格取得までには長い時間が必要になります。しかも、取得費用が掛かる上、資格取得に伴う昇給システムが構築されていないところもあるようです。資格取得も昇給と同じく、早急に昇給を望んでいる人にはおすすめできません。

雇用形態を見直す

思い切って現状の雇用形態を見直すのも1つの手です。近年、派遣薬剤師という雇用形態が注目を集めています。

実はこの派遣薬剤師の時給は3,000円前後と高く、1日8時間・20日労働とすれば、年収は600万円近くになるのです。また、薬剤師が不足している地域では時給4,000円以上も珍しくありません。これだと年収はゆうに700万円を超えます。派遣社員の場合は正社員と異なり、「福利厚生がない」「退職金が支給されない」などデメリットがありますが、年収面でのメリットは高いでしょう。

ですが、正社員の座を捨ててまで、派遣社員に転じようと考える人が大勢いるとは思えません。考え方次第ですが、これは少々現実味のない方法と言わざるを得ないでしょう。

転職で年収を上げる

最後に紹介するのが転職です。今の職場に不満がある場合、必ず頭をよぎるのが転職でしょう。転職時に多くの人が条件とするのが「年収アップ」「労働条件の改善」の2点です。

転職という方法ならば年収アップだけでなく、労働条件の改善も望めるというわけです。しかも、昇給や資格取得のように長い時間を必要としませんし、正社員として働けるため従来通り安心して働けます。あなたの希望に合致する転職先を見つけなければならないという問題はありますが、一番短期間で正社員の範囲内で年収アップを望むなら、一番おすすめの方法となるでしょう。

薬剤師の転職先の年収比較で製薬会社が上位にいる理由

上記で薬剤師の年収アップに転職が有効な選択肢の1つという点をまとめましたが、薬剤師が転職できる業界・職種で、どれくらいの年収が得られるのかを比較してみましょう。

得られる年収には格差が見られます。どの業界・職種に転職するかで、希望する年収アップを獲得できるかの可否が決まります。どの転職先が最も年収アップにつながるのかを、しっかりと確認していきましょう。

薬剤師の平均年収は転職先によって100万円以上の差がある

一口に薬剤師と言っても、勤務する業界・職種によって得られる年収は大きく異なります。以下は薬剤師転職サイト大手のマイナビ薬剤師調べのデータです。

業種 平均年収
病院薬剤師 434.6万円
調剤薬局 488.3万円
ドラッグストア 512.5万円
製薬会社 543.2万円

(参考:マイナビ薬剤師)

年収に幅はありますが、平均年収が一番高い製薬会社が最も年収アップできる可能性を秘めています。もちろん他を無視していいわけではありません。提示条件等は確認すべきです。しかし、最も高い年収アップを狙うなら、製薬会社を外すわけにはいきません。

製薬会社の薬剤師の平均年収が高い理由

以下は製薬会社の平均年収ランキングです。薬剤師職だけでなく正社員の平均ですがTOP10すべてが1,000万円超えを記録しています。それではなぜ、製薬会社の平均年収はこんなにも高いのでしょうか。その答えは明白です。製薬産業が利益率の高い業種だからです。

順位 会社名 平均年収
1位 ソレイジア・ファーマ 1,560万円
2位 サンバイオ 1,351万円
3位 アンジェス 1,275万円
4位 そーせいグループ 1,189万円
5位 エーザイ 1,099万円
6位 第一三共 1,098万円
7位 シンバイオ製薬 1,096万円
8位 武田薬品工業 1,094万円
9位 アステラス製薬 1,072万円
10位 大塚ホールディングス 1,032万円

(参考:医薬品企業の平均年収ランキング1位~67位【2021年最新版】)

製薬会社中でも職種によって異なる平均年収

高年収の製薬会社ですが、転職先に製薬会社を選べば、必ずその恩恵にあずかれるわけではありません。先に紹介したように製薬会社で薬剤師が担う職種は多岐に渡ります。転職で、どの職種に就くかによって、得られる年収は異なるのです。担当職種によって大きく年収差が生まれます。この点はよく理解しておく必要があるでしょう。

職種 平均年収 転職難易度
管理薬剤師 600万円~800万円 ★★★★
MR(医薬品営業職) 500万円~1,000万円 ★★★
研究開発職 500万円~1,000万円 ★★★★★
治験コーディネーター(CRC) 500万円~800万円 ★★★
薬事 500万円~1,000万円 ★★
企業内診療所 400万円~500万円 ★★★
学術業務/DI 400万円~800万円 ★★

(参考:大手薬剤師転職サイトの公表数値を調査)

年収アップを狙うなら、年収が高い職種をと誰もが考えるでしょう。しかし、誰もが好きな職種に申し込めるわけではありません。職種によっては資格や経験が必要で、高い難易度が求められるからです。まずは、この点に注意しながら、転職可能な職種を見極める必要があるでしょう。

管理薬剤師

製薬会社の職務の中で、薬剤師にとって最も一般的な職種となるのが管理薬剤師です。「自社取り扱い製品の品質管理」「薬機法など薬剤の行政対応」などのデスクワークが主な職務となり、基本的に調剤にはかかわりません。また、幅広く業務にかかわれる職務であり、他の職種と兼務することもあるため、企業によって任される業務は様々です。

MR(医薬品営業職)

MR(医薬品営業職)は医薬品の営業職です。調剤薬局や病院訪問で医薬品情報を提供する必要があるため、薬剤師としての専門知識が生かせます。しかし、薬剤師本来の業務とは確実にかけ離れたものです。高年収が期待できますが、大変なストレスがたまる営業業務が主となります。そのため、今まで営業職に携わったことのない人にとっては、かなりきつい業務になるでしょう。調剤にしか携わったことがない薬剤師には向かないかもしれません。

研究開発職

研究開発職は新薬の研究をし、新たな商品開発を担う職務です。高年収・高労働環境のため、製薬会社の中でも人気の高い職種になります。2010年以降、続々と製薬会社の特許が切れるため、製薬会社は新たな特許獲得に精力的です。そのため、この研究開発職は非常に注目されている職種です。

しかし、転職難易度はかなり高いので覚悟しておきましょう。しかも、実績のある経験者を採用する傾向が強く、まず未経験の人が雇われることはありません。高年収が見込める職種ですが、狭き門となるでしょう。

治験コーディネーター(CRC

治験コーディネーター(CRC)は、その名の通り治験がスムーズに取り行われるように、治験全体を調整する職種です。治験に参加する患者さん、そして医師やスタッフに薬の情報や治験内容等の説明をします。参加者全員との接触が必須なため、コミュニケーション能力も求められるでしょう。

以前は看護師が担当していた職務でした。今は現場で薬剤師の専門知識が求められるようになり、薬剤師へ対する治験コーディネーター需要が高まっています。しかし、治験コーディネーター(CRC)は資格職です。講習を受けるか実務を積まなければ職務に就けません。

薬事職

主な職務は厚生労働省へ新薬を承認申請する際の書類作成になります。しかし、この承認申請は稀であるため、通常は薬剤の文書作成をすることが多いようです。また、本来の職務が少ないことから、学術業務/DIと兼任しているところも多く見られます。

企業内診療所

企業内診療所は企業内に開設された、従業員専用の医療施設です。この企業内診療所でも、「調剤業務」「薬剤管理」「従業員への健康管理アドバイス」などのため薬剤師の募集が実施されています。マイナーな職種で、あまり求人がかかる職種とは言えません。

学術業務/DI

DIは「Drug Informathion]の略で、医薬品に関する情報収集と情報提供を担う業務です。医薬品情報に精通しているだけでなく、「膨大な情報を処理する情報処理能力」「まとめた情報を伝えるライティングスキル」「海外文献の読解、海外への情報発信時に必要な英語力」などのスキルが求められます。

先に紹介した管理薬剤師が兼任することもあるようですが、近年は外注している企業が多くなっているようです。外注頻度の多い製薬会社ならば、求人を出している可能性は十分あるでしょう。

薬剤師が製薬会社に転職するメリット・デメリット

製薬会社への転職で得られる一番のメリットは年収アップが望める点です。しかし、年収アップだけにとらわれた転職はおすすめできません。他のメリットももちろんですが、まずは新たに被るデメリットをよく理解しておく必要があります。その上で、転職後も無理なく勤続できるかを慎重に考えなければなりません。

メリット①薬剤師の職場で一番高年収

これについては上述の通りです。選ぶ職種にもよりますが、転職で年収アップを狙うなら、このメリットは見逃せません。

メリット②スキルアップしやすい体制が整っている

製薬会社で実務経験を積めば、着実に仕事のスキルを上げられます。ドラッグストアや調剤薬局は毎日がルーティンワークの繰り返しになってしまうケースが多いですが、製薬会社は元々高いスキルが求められるため、携わる業務の中で新しいスキル取得が必須となりますし、MRともなれば薬剤師では経験できない体験もできます。新しい環境で心機一転を狙っている人には、おすすめの職場環境と言えるでしょう。

メリット③福利厚生が整っている

製薬会社は高年収だけでなく、福利厚生が充実している点も見逃せません。福利厚生は企業によって違いが見られますが、大半の製薬会社は大手ゆえに福利厚生は満足度が高いものが多いです。「自己啓発学習の費用負担」「全国施設を割引利用」「カフェテリア方式福利厚生」「年に一度の医薬品支給」など軽く検索してみても目新しい福利厚生が見つかります。

デメリット①転勤が多い

製薬会社勤務でまず挙げられるデメリットが転勤の多さです。特にMRともなれば、2、3年周期で勤務地が変わる可能性があります。単身赴任が多くなることも覚悟しなければなりません。また、開発研究職は転勤はありませんが、「地方学会への参加」「支店や営業所へ出向いての研修」「MRと同行しての医師面談」などで出張が多くなりがちです。家族との問題があるため、個人によっては大きなデメリットとなってくるでしょう。

デメリット②激務となる可能性がある

これは職務内容によりますが、職種によっては激務となる可能性があります。特に営業職であるMRはそうなる可能性が高いでしょう。毎月のノルマが課されているため、ある時期になれば残業や休日出勤が続くことも珍しくありません。これまで調剤を主業務としてきた人は、かなり厳しい状況に追い込まれることになるでしょう。

薬剤師が製薬会社に転職するための必須ポイント

製薬会社は年収アップが狙える転職先です。しかし、高年収であるがゆえに人気が高く、決して難易度が低いとは言えません。そのため、製薬会社への転職を計る際は、転職成功を獲得する工夫が必要になります。それではそのポイントを確認してみましょう。

転職しやすい職種を狙う

先に話した通り製薬会社で薬剤師が働ける職種は多岐に渡ります。しかし、今まで調剤しか担っていなかった人には、転職が難しい職種があるのも事実です。転職成功を確実にするためにも、候補先には製薬会社の中でもまだ転職しやすく、高年収が望める、下記の職種を選ぶことをおすすめします。

・管理薬剤師
・MR(医薬品営業職)
・薬事
・学術業務/DI

大手製薬会社にこだわらない

年収アップを狙うなら、多くの人が大手企業と考えるでしょう。しかし製薬会社の薬剤師求人は潤沢とは言えす、転職先を大手企業だけに絞ると、さらに難易度の高い、狭き門に挑むことになってしまいます。転職率を上げるためにも、大手企業にこだわらず、中小企業も視野に入れた転職活動を心がけるようにしてください。

先に紹介した製薬会社の年収ランキングを見ても分かるように、中小企業でも高年収のところは存在します。まずは、視野を広く持って、転職可能な選択肢を広げるようにしてください。

薬剤師に特化した転職サイトや転職エージェントを利用する

1人での転職活動には限りがります。知り合いのつてを頼るか、ハローワーク等の求人を利用するしかありません。そこでおすすめなのが転職サービスです。転職サイトや転職エージェントを利用すれば、知られていない求人情報を得ることができ、転職活動を有利に進めることができます。

また、一般には公開されていない非公開求人も用意されているので、質が良く好条件の転職先に巡り合える可能性が高い点も見逃せません。

正直なところ、求人数が少ない製薬会社への転職を望むのであれば、転職サービスの利用は必須となるでしょう。まずは製薬会社の求人数が多い転職サービスを利用して、選択肢を広げることをおすすめします。

「転職サービスの利用者率・採用率は他の転職手段よりも各段上」というデータもあります。令和元年に厚生労働省が公表した「医療・介護分野における職業紹介事業に関するアンケート調査」を見てください。転職サービス利用者数が圧倒的に多いことが見て取れます。

民間職業紹介業者(転職サービス) 公共職業安定所 SNS等の求人情報サイト ハローワークインターネットサービス
よく利用する 30.1% 20.4% 26.1% 14.2%
たまに利用する 42.6% 29.6% 28.0% 16.8%

ここで注目して欲しいのが、これら転職手段を利用した際の採用割合です。

民間職業紹介業者(転職サービス) 公共職業安定所 SNS等の求人情報サイト ハローワークインターネットサービス
薬剤師の採用割合 37.4% 9.0% 1.5% 0.0%

転職サービスの採用率の高さが群を抜いています。この数値を見れば、薬剤師の転職に転職サービス利用がいかに有益な手段であるかは納得してもらえるでしょう。

薬剤師が製薬会社に転職する時におすすめな転職サービス5

転職サービスが薬剤師の転職に有益であることが分かったところで、当サイトが自信を持っておすすめする、薬剤師に特化した転職サービスを5つ紹介しておきましょう。

マイナビ薬剤師

数ある薬剤師転職サイトの中でも、高い人気が継続しているサイトです。転職を考えている人なら耳にしたこともあるでしょう。全国対応ですが、地方や地域の求人に強いのが特徴ですから、都市圏以外で転職を希望している人にもおすすめです。

今すぐ無料登録!

リクナビ薬剤師

日本最大手の人材派遣会社リクルートが運営している転職サービスです。関東周辺の大手企業の求人数が多いと言われています。業界トップクラスの求人数を誇りますが、目を引くのは非公開求人が75%を占める点でしょう。非公開求人を紹介してもらえば、求人先が見つかる可能性は確実に高くなります。製薬会社の各種求人探しにもオススメです。

リクナビ薬剤師はこちら

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントはエムスリーキャリア株式会社が運営する薬剤師専門転職エージェントです。一番のウリは即日紹介、最短3日の転職が可能なスピーディーさです。また、製薬会社の求人が多いので、年収アップを狙っている薬剤師の方にはおすすめの転職サービスと言えるでしょう。

薬キャリエージェントのサイトを見る

ファルマスタッフ

業界最大クラスの求人数を誇り、正社員だけでなくアルバイトやパート、契約社員など様々な雇用形態の求人に対応しています。調剤薬局やドラッグストアに主力を注いでいるので、ブランクのある主婦等におすすめの転職サービスです。製薬会社の求人紹介も可能です。

ファルマスタッフのサイトを見る

お仕事ラボ

お仕事ラボの最大の特徴は、転職先を逆指名できる点です。転職先候補が決まっている場合、その職場を紹介してもらうことができます。また、転職後の離職率が低いのは、丁寧な転職サポートが実施されている証拠です。じっくり自分に合った転職先を見つけたい人にはおすすめとなるでしょう。

お仕事ラボはこちら

製薬会社への薬剤師転職:まとめ

今回は製薬会社で働く薬剤師の職務内容や年収、そして製薬会社に転勤するのに欠かせない情報を徹底解説しました。薬剤師の年収は比較的高額な部類に入りますが、製薬会社に転勤することで、さらなる年収アップを勝ち取ることが可能です。誰もが転職できるとは限りませんが、薬剤師の転職に特化した転職エージェントを利用することで、その可能性はグンと高まります。まずは今回紹介した転職サービスに登録してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました