薬剤師のパートのメリット・デメリットは?時給や扶養の範囲など気になる実態を解説

薬剤師転職

「フルタイムの勤務は難しいけれど、薬剤師として活躍したい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

時短勤務を希望するなら、パートの薬剤師として働くのもひとつの方法です。パートなら自分が働ける時間に合わせて勤務時間を調整できるため、プライベートを優先しながら働きたい人にも適しています。

ただし、パート薬剤師として働く場合、正社員と比較してデメリットと言える部分もあります。メリットだけでなく、デメリットも把握したうえで自分に適した働き方かどうかチェックすることが大切です。

この記事では、パート薬剤師とはどのような働き方なのか説明したうえで、パート薬剤師のメリット・デメリットを解説します。働くうえで特に気になる時給や扶養制度についても解説するので、パート薬剤師として働くための情報としてぜひ参考にしてください。

パート薬剤師とは?

パートとは、同じ会社で働く正社員と比べて短い時間だけ勤務する勤務形態を表しています。パートタイム労働法では「短時間労働者」と定義されています。

勤務形態としては、パートもアルバイトも同じ意味です。ただし、学生やフリーターなどの労働者を「バイト」、主婦層を「パート」と呼ぶのが一般的です。

薬剤師の求人の中にもパートの募集は多くあります。正社員のようにフルタイムで働くのが難しくても、パートであれば自分の都合に合わせて短時間だけ勤務できます。薬剤師は専門的な職種であるため、他の職種に比べてパートの時給が高めです。よって、パート薬剤師として働けば、短時間の勤務でも効率的に収入を得られます。

ただし、パート薬剤師には少なからずデメリットもあります。パート薬剤師のメリット・デメリットは後でくわしく解説するので、そちらも参考にしてください。

パート薬剤師と派遣薬剤師の違い

パート薬剤師と似た働き方としては、派遣薬剤師もあります。

パート薬剤師は、ドラックストアや調剤薬局と雇用契約を結んでいる非正規社員です。勤め先に相談すれば、勤務時間や曜日も比較的融通が効きます。

一方、派遣薬剤師はドラックストアや調剤薬局ではなく、派遣会社と雇用契約を結んでいます。派遣会社から派遣されてドラックストアや調剤薬局で働き、給料も派遣会社から支払われる仕組みです。

派遣薬剤師はパート薬剤師よりも給料の相場が高い傾向があります。ただし、契約が更新されなければ、次の派遣先を探さないと収入を得られなくなります。それに対し、パート薬剤師は非正規雇用であるものの、雇用期間は比較的長めになるケースが多いです。

時短勤務を希望しており、長期的に同じ職場で働きたいと考えている人には、パート薬剤師がおすすめです。

パート薬剤師で働くメリット

パート薬剤師という働き方には、さまざまなメリットがあります。

たとえば、パート薬剤師ならプライベートを大切にしながらも、資格を活かして効率的に稼げます。人によっては、パート薬剤師としての働き方が最適である可能性があるでしょう。

ここでは、パート薬剤師ならではのメリットについて、具体的に解説します。パート薬剤師のメリットを理解し、自分自身の状況に合っているかどうかチェックしてみてください。

働く時間数をおさえてプライベートと両立できる

パート薬剤師は、自分の都合に合わせて働く時間を調整できます。

正社員は基本的にフルタイムでの勤務が前提となりますが、パートなら短時間だけの勤務や曜日を限定した勤務を条件として雇用契約を結べます。また、仕事が忙しくても、パートであれば残業はほとんどありません。

たとえば、子育てをしている人がパート薬剤師として働けば、子供が保育園や幼稚園に行っている間だけの勤務も可能です。保育園や幼稚園が終わる時間まで働き、そのまま迎えに行って帰宅する人もいます。また、パート薬剤師なら、子供との時間や家事の時間を確保するために勤務を週3~4日のみにすることもできます。

ライフスタイルの変化によりフルタイムで働くのが難しくなっても、パート薬剤師なら仕事とプライベートを両立できます。

業務負担を減らしてマイペースに働ける

パート薬剤師は勤務時間が限定されているため、業務の負担も少なく抑えられます。正社員に比べると、責任のある仕事を任される機会も少なくなっています。

たとえば、パート薬剤師は、管理薬剤師として店舗の管理責任者を任される可能性も低いです。法律上はパート薬剤師でも管理薬剤師になることは可能ですが、その場合はさまざまな管理業務を担う必要があるため勤務時間も長めになります。よって、時短勤務を希望するパート薬剤師が管理薬剤師になるケースはあまりありません。

それぞれの職場では、パート薬剤師の勤務時間に合わせ、任せる業務の範囲を決めています。そのため、プライベートで子育てや介護をしてる人でも、マイペースに働きやすいです。

高時給で働ける

薬剤師として働くにはパートであっても資格が必要であるため、時給が高めに設定されています。

具体的には、パート薬剤師の時給は、一般的なパートの2~3倍の相場だと言われています。よって、薬剤師としてパートの仕事を探せば、一般的なパートで働くよりも効率的に高い収入を得られる可能性が高いです。

もちろん、時給はそれぞれの職場によって設定されており、地域によっても差があります。とはいえ、薬剤師が不足している調剤薬局やドラッグストアなら、うまく交渉すると時給をアップしてもらえるケースもあります。

働く時間を多く取れなくても、パート薬剤師なら短時間で自分が望む収入を得やすいです。また、勤務時間を増やせるようになれば、その分だけ高収入も期待できます。

ダブルワークでかけもち勤務も可能

パート薬剤師は短時間での勤務が可能なため、ダブルワークとしても人気があります。

勤務先によって営業時間や営業日は異なるので、本業の勤務が終わった後や休日にもパート薬剤師のシフトを入れられます。薬剤師の資格を保有しながら他の仕事をしている人も、パート薬剤師との掛け持ちが可能です。

ただし、管理薬剤師として勤務している場合は、ダブルワークによる掛け持ちは法律により禁止されています。保健所や県立病院などで働いている公務員薬剤師もダブルワークは認められていません。

また、企業によっては、就業規則により副業や兼業を禁止しているところもあるので、法律や就業規則に違反しないよう、あらかじめよく確認しておきましょう。

異動・転勤せずに働ける

パート薬剤師は、正社員のように異動や転勤を命じられる可能性はほとんどありません。そのため、一度パート薬剤師として働き始めれば、同じ勤務先で長く安定的に働けます。

契約社員の場合、雇用契約の内容によっては異動や転勤が発生するケースがあります。異動や転勤をしたくないなら、パート薬剤師として働いたほうが安心です。

さらに、派遣薬剤師もパート薬剤師のように時短勤務が可能ですが、契約が更新されなければ別の勤務先を探さなければなりません。異動や転勤はないものの、頻繁に勤務先が変わるリスクがあります。

異動や転勤をせずに働き続けたい人は、パート薬剤師を選ぶと希望を叶えられる可能性が高いです。

パート薬剤師で働くデメリット

パート薬剤師という働き方にはたくさんのメリットがありますが、なかにはデメリットと言える部分もあります。パート薬剤師として働き始めてからギャップを感じないようするためには、デメリットについても事前に確認しておくと安心です。

デメリットについて許容できるか検討したうえで、パート薬剤師という働き方が自分に合っているか確認しましょう。

パート薬剤師は賞与や退職金がない

薬剤師に限らず、パートには賞与や退職金を支給していない企業が多いです。なかにはパート向けに賞与や退職金の制度を設けている企業もありますが、少数派です。

そのため、パート薬剤師として働いて得られる収入は、基本的に働いた時間に時給をかけて計算した金額のみとなります。正社員に家賃補助や家族手当などが支給されていても、パートには支給されないケースがほとんどです。

給与以外の待遇や福利厚生についても、正社員とパートに差を設けている企業は少なくありません。正社員以外には研修を実施していない企業も多いため、新しいスキルを身につけたいと思ったときには自力で学ぶ必要があります。ただし、勤務先によっても待遇や福利厚生の条件は異なるため、募集要項をよく確認しましょう。

シフト調整が面倒

パート薬剤師のシフトは、正社員の勤務時間を確認したうえで調整されます。

基本的に人手不足が懸念される時間帯への出勤が求められるため、必ず自分の希望通りの日時にシフトを入れられるとは限りません。

希望する勤務時間の人手が足りていれば、働きたいと思ってもシフトを入れられない可能性があります。勤務時間の調整がうまくいかないと、勤務時間が想定より少なくなって収入も減ってしまいます。

正社員の場合、週5日働くのが基本となっているためシフト調整は必要ありません。また、派遣の場合は、派遣会社を通して勤務時間を調整できるため手間は少なめです。

パート薬剤師は自分で勤務先と相談しながら出勤日や休日を調整しなければならないため、シフト調整のたびに手間がかかります。

キャリアアップしづらい

パート薬剤師は勤務時間が少ないため、仕事の責任も限定されています。

そのため、一部の業務のみを淡々とこなしていくパターンが一般的です。ゆくゆくは役職に就きたいと考えていても、パート薬剤師ではキャリアアップが実現できない恐れがあります。

将来的に管理薬剤師や管理職として働きたいのであれば、パート薬剤師ではなく正社員として働いたほうが可能性は高まります。いまはパート薬剤師として働き、プライベートの子育てや介護が一段落したタイミングで正社員を目指すのもひとつの手です。

もともと正社員として働いているなら、一時的に時短勤務を希望する方法もあります。将来のキャリアプランもイメージし、パート薬剤師の働き方が自分に合っているか考えましょう。

正社員に比べると不安定

パート薬剤師は正社員よりも立場が不安定になる可能性があります。

たとえば、勤務している企業の経営の悪化によりリストラが行われれば、パート薬剤師は正社員よりも先に解雇される可能性は少なくありません。

また、勤務時間や勤務先事業所によっては、社会保険に加入できない場合もあります。社会保険への加入については、扶養の範囲も考慮しながら検討しましょう。くわしくは後述するため、そちらを参考にしてください。

パート薬剤師の時給を比較分析

パート薬剤師の時給は高めに設定されています。実際の時給は企業によっても異なるため、気になる求人を比較しながら選ぶ必要があります。

ここでは、パート薬剤師の平均時給だけでなく最高時給や最低時給も紹介するので、パート薬剤師の求人を探す際の参考として役立ててください。

パート薬剤師の平均時給は2000円以上!

パート薬剤師の平均時給は、地域によって差があります。各地域のパート薬剤師の平均時給は以下のとおりです。数字は『TOWNWORK』『FromA navi』『はたらいく』『とらばーゆ』に掲載された、2020年2月時点の平均時給を集計したものです。

都道府県 薬剤師の平均時給
東京都 2,100円
神奈川県 1,940円
茨城県 2,420円
大阪府 2,109円
愛知県 2,771円
北海道 2,000円

(参照 タウンワーク

一般の職種においては東京都の平均時給が高い傾向がありますが、薬剤師については異なる状況になっています。

パート薬剤師の平均時給が高い愛知県や茨城県では、人口10万人に対する薬剤数が全国平均より少なくなっています。一方、パート薬剤師の平均時給が2,000円前後となっている東京都、神奈川県、大阪府、北海道では、人口10万人に対する薬剤数が全国平均と同じかそれ以上の水準です。

よって、薬剤師が不足している地域では、パート薬剤師の時給も高めに設定されていることが分かります。

(データ参照 厚生労働省 平成30年度統計の概要

最高時給は3000円・最低時給は1300円

パート薬剤師の求人を多く扱っている代表的なサイトとしては、「リクナビ薬剤師」「マイナビ薬剤師」「薬キャリ」「お仕事ラボ」「MCファーマネット」の5つがあげられます。

ここではこの5つのサイトを実際に調査し、最高時給と最低時給をチェックしました。

それぞれで扱われているパート薬剤師の最高時給と最低時給は、以下のとおりです。

最高時給 最低時給
リクナビ薬剤師 3,000円 1,300円
マイナビ薬剤師 3,000円 1,800円
薬キャリ 3,000円 1,650円
お仕事ラボ 3,000円 1,800円
MCファーマネット 3,000円 1,800円

(2021年3月24日現在)

いずれも最高時給は3,000円となっており、たくさんの求人が見つかりました。また、最低時給は2,000円以下ですが、サイトによって具体的な金額は異なっています。

職場別で見るとドラックストアが高時給になりやすい!

パート薬剤師の時給が最も高くなりやすいのは、ドラッグストアです。ドラッグストアのパート薬剤師の求人の中には、時給3,000円を提示しているものも多く見られます。

また、調剤薬局のパート薬剤師の時給は、2,000~2,600円程度に設定しているところが多いです。なお、病院のパート薬剤師の時給は2,000円を下回っているところもあります。

ただし、地域や求人によっても時給は変わるため、実際に探しながら希望に合う求人を見つけましょう。

パート薬剤師の高時給求人を保有しているおすすめサイト

ここでは、パート薬剤師の求人を多く扱っている代表的なサイトのなかでも、特に高時給な求人が多かったサイトをピックアップして紹介します。

リクナビ薬剤師

求人情報サイトをはじめとするサービスで有名なリクルートグループが運営しています。薬剤師の求人数が豊富で、高時給の求人はもちろん、さまざまな条件の求人を扱っています。

リクナビ薬剤師のサイトはこちら

マイナビ薬剤師

リクルートグループと同じく、求人情報サイトなどで知られる株式会社マイナビの薬剤師向け求人サイトです。企業によっては時給だけでなく年収換算した給与も記載されており、比較しやすくなっています。

マイナビ薬剤師のサイトはこちら

薬キャリエージェント

医療従事者向けの情報サイトを運営しているエムスリー株式会社の薬剤師転職エージェントです。特に調剤薬局のパート薬剤師の求人を多く扱っています。

薬キャリエージェントのサイトはこちら

社会保険に加入すべき?パート薬剤師の扶養事情

パート薬剤師として働くうえでは、扶養の範囲内で働いたほうがいいか、扶養を超えてなるべくたくさん稼いだほうがいいか悩む人も多いでしょう。

悩みながら働いた結果、扶養の範囲を微妙に超える程度になると保険料や税金で損になる可能性もあるため要注意です。

ここでは、扶養制度の基礎知識とともに、扶養に関して押さえておきたいポイントを解説します。パート薬剤師として働き始める前に、扶養の仕組みをきちんと理解しておきましょう。

パート薬剤師の扶養上限とは?

パートとして働くときに問題になる「扶養」には、社会保険と所得税の2種類があります。

また、ここで説明する社会保険とは、厚生年金と健康保険を指します(広義の意味での社会保険には、雇用保険や労災保険、介護保険を含みます)。

社会保険の扶養範囲

社会保険の扶養では、一定の条件を満たしていれば配偶者の扶養に入れます。その場合、社会保険料を払わなくても社会保険に加入でき、保険制度を利用できます。社会保険の扶養に入るための条件は、年間所得が130万円を超えていないことです。そのため、パート薬剤師としての年間所得を130万円までに抑えれば、社会保険の扶養に入れます。

所得税の扶養範囲

所得税とは仕事などで得た所得に対してかかる税金です。
所得税の税率は累進課税になっており、給料が高い人ほど所得税の割合も大きくなります。税金を減らすためには控除額を増やす必要があり、そのために所得税の扶養を活用する人が多いです。

たとえば、夫が正社員のサラリーマン、妻がパート薬剤師として働いている場合、夫の所得税の扶養に妻を入れれば、配偶者控除により所得税を安くできます。この場合、妻のパート薬剤師としての所得は基本的に150万円以下である必要があります。パート薬剤師として得た所得に対しても、所得税や復興特別所得税はかかりません。

なお、パート薬剤師以外にも仕事をしている場合は、その所得も合計した金額が対象となります。扶養に入るための基準は所得の合計となるため、複数の仕事を掛け持ちしながら扶養に入りたいのであれば、所得の合計金額に注意しましょう。

(参照 厚生労働省 社会保険適用拡大特設サイト

扶養範囲内で働くときのシミュレーション

ここでは、東京都のパート薬剤師の平均時給2,100円をもとにし、扶養の範囲内で働く場合の収入をシミュレーションします。

1日4時間ずつ週3日勤務する場合を想定しました。年間の収入を計算すると以下のとおりです。

時給2,100円×4時間×週3日=週給25,200円
週給25,200円×1ヶ月(4週間)=月給100,800円
月給100,800円×12ヶ月=年収1,209,600円

この場合、130万円以内に収まっているため、社会保険と所得税の両方の扶養に入れます。

ただし、夜勤については時給が1.25倍になるため、夜勤を含む勤務体系の場合は注意が必要です。たとえば、先程の例で1日2時間が日勤、2時間が夜勤として計算してみましょう。

(時給2,100円×3時間+時給2,625円×2時間)×週3日=週給37,800円
週給37,800円×1ヶ月(4週間)=月給151,200円
月給151,200円×12ヶ月=年収1,814,400円

この場合、社会保険と所得税の両方の扶養の上限を超えており、扶養に入れなくなります。夜勤を含む場合、同じ時間働いても収入は高くなるため、注意が必要です。

パート薬剤師でも使える育休・産休制度

間違えて認識している方もいますが、育休・産休を取得できるのは正社員だけではありません。パート薬剤師であっても、一定の条件を満たしていれば育休・産休制度を利用できます。

育休を取得するためには、同じ事業主に引き続き1年以上雇用されている必要があります。また、子供が1歳になっても雇用が続くと見込まれ、さらに子供の2歳の誕生日の前々日までに雇用が終了するとは明らかになっていない場合が対象です。

ただし、週の勤務日数が2日以下の場合などは育休を取得できません。

産休については、パート薬剤師も出産予定日の6週間前から取得できます。また、出産の翌日から8週間は就業できないルールになっています。早期の復職を希望するとしても、産後6週間を過ぎ、本人の請求と医師の承認があった場合のみ認められます。

(参照 厚生労働省 あなたも取れる!産休&育休

パート薬剤師の有給日数は?

パート薬剤師として働く場合、有給休暇を取得できないと考えている人もいるでしょう。

また、実際に勤務先に確認した結果、「パートは有給休暇を取得できない」と言われた人もいるかもしれません。

しかし、実際にはパート薬剤師に対しても、有給休暇の取得が法律で認められています。

取得できる有給休暇の日数は継続して勤務した期間に応じて決まっています。具体的には、以下のとおりです。

継続して勤務した期間 有給休暇の日数
6ヶ月 10日
1年6ヶ月 11日
2年6ヶ月 12日
3年6ヶ月 14日
4年6ヶ月 16日
5年6ヶ月 18日
6年6ヶ月以上 20日

パートが取得できる有給休暇の日数は正社員より少ないものの、権利として具体的な日数が定められています。

有給休暇の取得を希望する場合は、勤務先にきちんと確認しましょう。

(参照 厚生労働省 年次有給休暇とはどのような制度ですか。パートタイム労働者でも有給があると聞きましたが、本当ですか。

パート薬剤師がおすすめの人

ここまで紹介してきた特徴を踏まえ、パート薬剤師としての働き方をおすすめできる人の特徴をまとめると以下のとおりです。

  • ブランクがあり、復職を希望している人
  • 子育てや介護をしている人
  • ワークライフバランスを大切にしたい人
  • 仕事の負担を減らしたい人
  • 一般的なパートよりも高時給で働きたい人
  • ダブルワークを希望している人

薬剤師に対する需要は高いため、パートとして勤務したい場合もさまざまな就職先があります。

派遣よりも長く同じ勤務先で働けるため、時短勤務で安定的に働きたい人にはパート薬剤師がおすすめです。子育てや介護などのためにプライベートを優先したい場合も、パートなら希望する働き方を実現できます。

パート薬剤師の求人を選ぶときの注意点

パート薬剤師の求人はたくさんあるため、選び方に迷う人も多いでしょう。

ひとくちにパート薬剤師の求人と言っても、勤務する環境や待遇はそれぞれ異なります。自分がイメージしているとおりの職場で安心して働くためには、時給だけでなく各求人の詳細をよく確認することが大切です。

ここでは、パート薬剤師の求人を選ぶときに注意したいポイントを解説します。

処方箋数・診療科目

調剤薬局のパート薬剤師の求人を探すときは、薬剤師1人あたりの処方箋数をチェックしましょう。薬剤師1人あたりの処方箋数が多ければ、業務が忙しい可能性が高いです。法律では薬剤師1人が扱う処方箋数は、月平均で1日40枚までと定められています。40枚を目安として処方箋数を確認し、業務負担の大きさをイメージしましょう。

ただし、診療科目によっても薬剤師の負担の大きさは変化するため、近くの病院やクリニックの診療科目についても確認が必要です。たとえば、急性期病院では1人あたりの患者の調剤が多い傾向があるため、薬剤師にかかる負担も大きめです。

特に、プライベートを優先しながらパート薬剤師として働きたいと思っている人は、あらかじめ処方箋数や診療科目などから業務の忙しさを判断しておいたほうがいいでしょう。

店舗数・薬剤師の人数

パート薬剤師の求人選びでは、勤務先と同じ系列の店舗数も確認しておきましょう。

他店舗と連携できる環境なら、勤務先の業務が忙しいときに協力を依頼できます。特に、店舗数が多ければ、協力を得られる可能性は高いです。そのため、パート薬剤師のシフト融通も効きやすくなります。

また、勤務先となる店舗に在籍している薬剤師の人数も重要なポイントです。そもそもの薬剤師の人数が少なければ、パート薬剤師にかかる負担も必然的に大きくなります。パート薬剤師は残業が発生しにくいですが、多忙な店舗では残業を強いられるリスクもないとは言えません。

できれば薬剤師の総数だけでなく、正社員と非正規雇用の比率も確認しておくとより実態を把握しやすくなります。

社会保険に加入できるか・福利厚生はあるか

配偶者の扶養の範囲を超えて働く場合、社会保険への加入が必須となります。

ただし、条件を満たしていなければ、会社が加入している健康保険や厚生年金には加入できません。パート薬剤師が会社の健康保険や厚生年金に加入するには、労働時間や勤務日数が正社員の4分の3以上である必要があります。条件を満たしていない場合は自分で国民健康保険や国民年金に加入しなければならないため、注意しましょう。

また、パート薬剤師として働くうえでも、会社の福利厚生は重要です。福利厚生が充実していれば、より働きやすい環境が手に入ります。ただし、会社によっては福利厚生の内容について、正社員とパートの間に差を設けている場合もあります。パートにどのような福利厚生が認められているかについても、きちんとチェックしましょう。

まとめ

今回紹介したパート薬剤師に関する情報をまとめると、以下のとおりです。

・パート薬剤師なら時短勤務により無理なく働ける
・正社員に比べると待遇や福利厚生に不利な面がある
・扶養の範囲で働くべきか検討が必要

パート薬剤師は自分の都合に合わせて勤務時間を設定できます。一般的な職種のパートよりも時給が高いため、短時間でも効率的に収入を得られます。

ただし、正社員よりも待遇や福利厚生で劣る部分もあるため、実際の勤務先の規定をよく確認することが大切です。また、パートの場合、配偶者の扶養の範囲内で働いている人も多いため、あらかじめ扶養制度の内容をよく理解しておくと安心です。

自分のペースで薬剤師として働きたい人は、ぜひパート薬剤師の求人サイトをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました