【公式サイトから独自調査】マイナビ薬剤師の口コミ・評判の総まとめ

薬剤師転職

マイナビ薬剤師とは、大手転職サイトであるマイナビが運営する、薬剤師の就職や転職に特化した求人サイトです。

大手企業が運営・管理するサイトだけあって、中小から大手まで幅広い情報が閲覧できます。

しかし、「マイナビ薬剤師 口コミ」や「薬キャリ 口コミ」などを調べてみると、本当かどうかわからないデータや情報も出てきます。「マイナビ薬剤師、ホントに信じていいのかな」「怪しい…」と、思わず疑ってしまう……という方も少なくないはず。

そこで今回は、情報の信ぴょう性を重視しながら、マイナビ薬剤師について徹底リサーチし、その調査内容をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

【総評】マイナビ薬剤師の口コミ・評判

利用者のレビューや評価を見ると、マイナビ薬剤師の総評は

・公開求人数が多い
・サポートが手厚い

という印象があります。

まず、「求人数の多さ」について確認していきましょう。2021年4月調べでは競合サイトであるファルマスタッフの正社員求人が33354件、同じく競合のリクナビ薬剤師の正社員求人が4,671件なのに対し、マイナビ薬剤師の正社員求人は51,794件とダントツでした。ただし、派遣の求人数はファルマスタッフが最多件数を誇るので、派遣での就職を検討されている方にはファルマスタッフが適しているでしょう。

次に「サポートの手厚さ」についてです。

公式サイトに記載のとおり、

・会って話せる、親身なキャリア相談
・薬剤師が専任し、豊富な情報で交渉を担ってくれる
・全国15拠点からフォロー

といった点から、マイナビ薬剤師は手厚い転職支援が特徴的といえます。

マイナビ薬剤師はこちら

1-1 マイナビ薬剤師の基本情報(会社概要・サービス情報)

マイナビ薬剤師の基本情報は、以下の通りです。

会社名:マイナビ株式会社
拠点数:15拠点(東京・さいたま・千葉・横浜・札幌・仙台・名古屋・石川・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・鹿児島)
面談方法:オンライン、直接面談、電話面談
提供サービス:薬剤師専任のキャリアアドバイザーが電話でいつでも相談してくれる「薬剤師専任ダイヤル(全国共通)」、求人の応募や紹介など。厚生労働大臣許可の支援サービスなので、費用は一切かかりません。また、「高年収かつ転勤なしの調剤薬局」「土日休みプラス平日休みの調剤薬局」など、多種多様な視点から紹介や応募が可能です。
(参考 マイナビ薬剤師

拠点の多さや専任ダイヤルの設置という配慮が、マイナビ薬剤師の「手厚いフォロー」という特徴につながっていることがわかります。

291件のマイナビ薬剤師の口コミを分析!

マイナビ薬剤師の公式サイトでは、2021年3月23日現在、のべ291件のマイナビ薬剤師を利用した方々の声が掲載されています。

なお、さまざまな条件から口コミを検索できる点も特徴です。

マイナビ薬剤師の口コミ検索軸
・都道府県別
・職場別
・年代別
・転職回数

それぞれを組み合わせて検索することもできるため、希望に沿った求人を見つけられるシステムになっています。

今回はこの約300件の口コミを、検索軸別に独自に分析し、その結果をまとめて紹介していきます!

(口コミはすべて公式サイトを参照しました)

【1】年代別にマイナビ薬剤師の口コミ・評判をチェック

まずは年代別にマイナビ薬剤師の口コミを分析してみました。

20代の口コミ

20代の口コミは2021年3月23日現在、75件でした。

最も多かった意見は、「転職経験がないため不安だったが、就職や転職活動のやり方についてイチから教えてくれた」という口コミです。

転職したい気持ちでいっぱいなのに何から説明すれば良いかわからない、そんな私にわかりやすい導入質問をして行くべきルートを明確にしてくださり、本番面接のサポートから入社日の調整まできっちりしてくれました。(20代 女性 東京都)

「そもそも何を相談すればいいかわからない」
転職や就職の経験がないころは、こうした悩みを抱える方も少なくないはずです。

マイナビ薬剤師では、専任のアドバイザーが「相談までの入り口」をサポートしてくれます。機械的なやり取りではなく、それぞれの個性や特徴に合わせて「話しやすい空気」を最初につくってくれる環境が、マイナビ薬剤師には整っていることが、この口コミからわかります。

はじめての転職で最初はそんなに乗り気でなかったお仕事選びもキャリアアドバイザーさんとお会いして、直接企業様のお話を聞く事でだんだん企業様の良さがわかっていき、最後は納得して転職活動できたと思っています。(20代 女性 茨城県)

「転職したいけど、めんどくさそう」
「仕事選び、大変そう」
転職を決めた当初、誰しもが考えるであろう悩みですね。

こうしたモチベーションの観点においても親身にバックアップしてくれるのが、マイナビ薬剤師の魅力です。転職活動がうまくいかないと、徐々にやる気が下がっていき、ゴールにたどり着かないままフェードアウト……というのが転職希望者にとってもっとも悲しい結末です。

そうした結果にならないよう、キャリアドバイザーの方々がユーザーの転職への意識を高め続けることで、リスタートへの階段を準備してくれます。

転職を迷っていてうまく言葉で伝えられない場面も多かったんですが、最後まで私の話を聞いてくださりとてもうれしかったです。(20代 女性 埼玉県)

転職活動では、エントリーシートや面接など、あらゆる場面で自分の想いや転職動機を言葉で伝える必要があります。モヤモヤした気持ちをどうやって言葉にするか?と、内面の言語化の支援をしてくれることがわかります。

30代の口コミ

続いて、30代の口コミをみていきましょう。

2021年3月23日現在、20代の口コミより若干多めの84件でした。最も多かった意見は「家庭の事情を考慮しながらキャリア支援してくれた」という口コミです。

面接の直前まで子どもの体調不良などでバタバタしている中、温かく見守って下さり気にかけてくださったこと、とても嬉しく思っています。(30代 女性 京都府)

配偶者の転勤、子どもの育児など、家庭の事情に対して手厚く配慮するのも、マイナビ薬剤師のよいところです。また、育児をしながらでも働ける求人を探して紹介してくれたという意見も多くあることから、転職者それぞれの事情を考慮したフォローを行っていることがわかります。

家庭も仕事も大切にしたい、というユーザーへの配慮も万全ですね。

40代の口コミ

続いて、40代の口コミを分析してみました。

2021年3月23日現在、20代や30代より少なめの64件でした。最も多かった意見は「スピーディな対応がよかった」という口コミです。

対応が迅速で適切で、こちらの希望する条件に合った求人を紹介していただけました。(40代 女性 東京都)

すぐに転職したい!という方に対し、迅速に求人を紹介する体制が整っているようです。スピード感がありつつも、各転職者の「転職先へのこだわり」に対しても最大限の配慮がなされていることが、高評価の口コミ群から見えてきます。

離職期間を空けずに転職したい方には、非常にありがたいサポート体制ですね。

50代の口コミ

続いて、50代の口コミです。2021年3月23日現在、40代の口コミより若干少ない57件でした。50代で最も多かった意見は「情報量が多い」という口コミです。

情報量が多く、いつも的確なアドバイスをいただきました。(50代 女性 広島県)
求人量が他社と比べて豊富だなと感じました。(50代 男性 岡山県)

幅広い年齢層に沿った豊富な求人が閲覧できるのは、大手マイナビならではの魅力です。多くの情報から、自分に合った企業を探すことができます。

60代の口コミ

続いて、60代の口コミですが、2021年3月23日現在、各年代の口コミのなかで一番少ない10件となりました。最も多かった意見は「対応が丁寧」という口コミです。

対応が細部まで到り、またいつも丁寧なので薬剤師の転職・就職の該当者にはマイナビ薬剤師に必ず登録するよう勧めたいと思いました。(60代 男性 福島県)

きめ細かやかな対応やアドバイスにより、安心して転職活動を続けることができた、という意見が多く見られました。

マイナビ薬剤師の担当と二人三脚で転職活動していくうえで、「信頼感」は最も大切な要素です。細やかで丁寧な対応から、マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーが「信頼できる相方」としてユーザーに寄り添い続けていることがわかります。

このような口コミ情報から、マイナビ薬剤師が幅広い年齢層に支持されていることがわかります。

マイナビ薬剤師はこちら

【2】職場別にマイナビ薬剤師の口コミ・評判をチェック

ここからは、薬剤師の転職先・職場別に口コミを分けてお伝えしていきます。

調剤薬局の口コミ

業種別で口コミ検索できるのも、マイナビ薬剤師の特徴です。

各業種のなかで最も口コミ数の多かった業種が調剤薬局で、調査日現在の口コミ数は214件でした。

星4つ以上の高評価口コミで最も多かったのが、「案件を紹介したら終わり、ではなく、紹介後のフォローも手厚かった」という意見です。

他社と違って、ただ案件を紹介して終わりではなく、個人の事情も考慮して紹介してくださり、サポート体制に厚いと感じたのでぜひ知人にも紹介したいと思いました。(30代 女性 東京都)

案件を紹介した後も、店舗の雰囲気や離職率などの情報を教えてくれてよかった、という口コミが多いことから、「サポートしたあと」にも支援の焦点を置いていることが、このレビューからうかがえます。

病院・クリニックの口コミ

他にも、「病院・クリニック」業種の口コミは3月23日現在、19件でした。特徴的だったのが、「優先順位を客観的に教えてくれた」という意見です。

自分の優先順位を客観的に教えて頂き、現状に合う求人情報を頂いたと思います。(30代 女性 熊本県)

転職活動では、主観的に面接を受ける企業を選択してしまうこともあるでしょう。その点、マイナビ薬剤師ではキャリアアドバイザーが第三者目線で「受験する会社の優先順位」を教えてくれるので、自分の「思い込み」だけで判断することが少ないことが、マイナビ薬剤師を利用するうえでのメリットといえます。

一方で星3つ以下の意見も見受けられました。

中々お忙しい方のようで、電話による連絡が繋がりにくかった(50代 女性 埼玉県)

「迅速なサポート」があるという声もある一方、こうした「対応が遅い」という意見も見受けられました。アドバイザーにムラがあるのかもしれません。この点についてはマイナビ薬剤師を利用するうえで注意すべきポイントでしょう。

ドラックストア(調剤薬局併設)の口コミ

「ドラッグストア(調剤併設)」口コミは3月23日現在、34件でした。

登録してから1ヶ月以内に決まることはとても強みだと思います(20代 女性 愛知県)

登録から就職までのスピード感のある支援は、マイナビ薬剤師を利用するうえでのメリットです。調剤併設のドラッグストアに限らず、他業種でも共通する強みです。

ドラックストア(OCTのみ)の口コミ

次は「ドラッグストア(OCTのみ)」への転職についてです。口コミ件数は2021年3月31日時点で9件と少ない印象でした。

いろいろ悩みましたが、アドバイスを沢山頂いたおかげで一歩踏み出せたと思います(30代 女性 埼玉県)
とりあえずではなく私の適性をみて、求人を紹介してくれていると感じました(60代 女性 東京都)

OCTのみ取り扱うドラッグストアへ転職した方の口コミは、全9件中7件が50~60代の方から、2件は30代の方からの書き込みでした。口コミを確認する限り、評価は全体的に高く、今後のキャリアに悩まれて決断した方が多いのが特徴的でした。

OCTのみ取り扱うといっても、薬を取り扱う以上は専門的な知識が必要ですよね。セカンドキャリアとしてスキルを伸ばすことが十分に可能な環境です。

企業の口コミ

次は企業への転職についての口コミです。

薬剤師は資格を活かして企業で働くことも可能です。一般的に企業で働く薬剤師は、臨床経験が最低数年はあった方が望ましいとされています。そのため、新卒入社よりも、転職先としてのニーズが高いといえるでしょう。

マイナビ薬剤師を利用して企業に転職した方の口コミを探すと、口コミ件数は2021年3月31日時点で8件でした。

分かりやすい説明と丁寧な対応で、こちらの希望に沿った企業への転職をサポートしていただきました。きめ細やかに連絡をいただけたことで、安心して転職できました(30代 女性 熊本県)
転職や就活というものの経験が無く、1から心構えや話し方などを教えていただきました(20代 男性 東京都)

企業へ転職した薬剤師の口コミを確認すると、企業へ転職するのは初めての方や、転職活動そのものが初めての方が数多くいらっしゃいました。

口コミはネガティブな内容になることも多々ありますが、企業に転職した薬剤師の評価が低い口コミはありませんでした。もちろん口コミが100%信頼できるとは限りませんが、マイナビ薬剤師は万全のバックアップで企業への転職が初めての方でも安心してお任せいただけます。

登録販売者の口コミ

続いては「登録販売者」への転職についてです。2021年3月31日時点で口コミは1件でした。

登録販売者は一般医薬品の販売の専門家で、活躍の場はドラッグストアが多いです。薬剤師から登録販売者へ転職する方もいらっしゃるようです。

転職前に心身を休める時間を確保したいなら、すぐに登録するのは待った方が良いかもしれません。心の準備が出来ないまま、話が進んでしまう可能性があるように感じました。(40代 女性 兵庫県)
この方の評価は5.0満点中4.6と決して低くはありませんが、転職が決まるスピード感に戸惑われていたようです。
前の職場を辞めた後、しばらく休んでから転職したいと考えている方は、登録の時期を考える、または担当者にあらかじめ転職したい時期を担当者にはっきりと伝えておくのが望ましいでしょう。

マイナビ薬剤師の悪い口コミはないの?

公式サイトでは比較的良い内容の口コミが目立ちますが、なかには悪い評価も見受けられます。良い内容の口コミだけでは、サービスのメリット・デメリットを知ることはできません。

実際に調査をすると、総合評価の他に、業界の知識・転職市場の情報量・アドバイスの的確さ・おすすめ度・求人の情報充実度・サービス利用満足度の6つのポイントを抑えた6角形のグラフバランスが悪いものもいくつかありました。

その中でも具体的な情報が載せられた口コミを3つご紹介します。

面接の日程はハードでしたが、事前情報をいただけたおかげで心に余裕をもって臨むことができました。(30代 男性 宮城県)

この口コミは、一見すると満足している内容に思えますが、総合評価は星2.5個と低めでした。特に業界の知識やサービス利用満足度が低く、面接の日程もハードだったと書いていることから、転職者本人の希望よりも、たくさんの企業に応募するのを優先させるアドバイザーに当たってしまったと推察されます。

最初にちょっと不信感があったのですが、その後はとてもよく頑張ってくれていたと思います。遅い時間まで電話でのサポートもしていただいて、本当にありがとうございます。(40代 女性 青森県)

この口コミも総合評価が星2.5個と低めで、特に業界の知識と求人の情報充実度の評価の低さが目立ちました。この点と口コミにもあった「不信感」というワードから推察するに、担当アドバイザーの知識や経験不足が考えられます。

今回内定をいただいた会社は、自分が子供の頃から知っている会社だったので、ご縁をいただき大変嬉しく思っております。お忙しいところ、メールや電話で状況の確認や面接の調整・サポートなどしてくださり、とても助かりました。ありがとうございました。(30代 女性 宮城県)

この口コミは内容を見る限りは満足度が高そうですが、総合評価は星2.5と低く、満足度を表す6角形のグラフもかなり小さめでした。

そして上記のような口コミをまとめたサイトをいくつか調査しましたが、その内容には以下の3つの傾向がありました。

1.聞いていた待遇や職場環境と違う
2.エージェントに転職を焦らせるような対応をされた
3.転職者ファーストではない印象を受けた

まずは1番目の「聞いていた待遇や職場環境と違う」という点を考えていきましょう。

これはマイナビ薬剤師に限らず、転職支援を受けた経験のある人からはよく聞く事案ですが、転職エージェントが職場環境まで把握していなかったのが原因です。

もちろん人間関係に悩んで転職する人も多いため、そうした点にも注意を払ってもらいたいですが、エージェントも数百社以上ある取引先企業の職場環境全てを網羅することはできません。よってこのようなミスマッチが起きる場合があります。

続いて2番目の「エージェントに転職を焦らせるような対応をされた」という点を考えます。これに関しては原因を理解するために、転職エージェントの仕組みを見ていきましょう。

転職エージェントは転職者と企業を繋げる役割を果たしますが、転職に成功させると、その転職者の年収の数十%をマージンとして企業から貰う契約を交わしています。また、多くのエージェントはノルマを抱えており、既定の営業目標を達成させなければいけません。

そのため、中には出来るだけ早く転職をさせて、自分のノルマを達成させたいと考えるエージェントもおり、結果として転職を焦らせる対応を取る場合もあります。しかし、多くのエージェントは転職者本位で動いているため、安心してください。

3番目の「転職者ファーストではない印象を受けた」というのも、先ほどの転職エージェントの仕組みに原因があります。やはり転職させることだけが目的となってしまい、転職者の希望を優先させないエージェントもいるため、このような口コミがあがってくるのでしょう。

ここまでマイナビ薬剤師の悪い口コミを紹介してきましたが、実際に口コミを「薬剤師」が書いているかの判断は難しいですよね。

そのため良い・悪い内容の口コミやその傾向を含めて、総合的に判断するのが重要と覚えておくとよいでしょう。

【1ポイントアドバイス】ネットの口コミはどこまで信じていいのか

「マイナビ 薬剤師」と検索すると、マイナビ公式サイト以外のサイトがたくさん出てきますが、それらすべての内容を鵜呑みするのはNGです。

そもそも人は良い思いをした時より、嫌なことの方が強く心に残るものです。口コミ投稿者であってもそれは同じです。

それゆえ、口コミはネガティブな意見に偏りやすく、100%信用するのは得策ではありません。

今回は公式サイトの口コミを紹介しましたが、自身のサイトの口コミは当然、良いものを中心に乗せる傾向があります。それらの口コミは嘘ではありませんが、サイトとしては「良い面」を見せて、転職者に宣伝したいのが理由でしょう。

そのため、より正確な判断を下すためには、口コミのような「定性的」なデータの他に、数値として表れる「定量的」な情報も必要です。次の章では、事実に基づいた求人数やその傾向を分析して紹介していきます。

マイナビ薬剤師の保有求人の内訳を分析!

ここからはマイナビ薬剤師の保有求人を、次のような角度から分析していきます。

1.全体の総数とエリアごとの内訳
2.全体のタイプ別の求人数
3.転職希望の条件別の求人数

いずれの点も求人を定量化して分析する際に不可欠な点です。

ポイントごとに抑えるべき部分をまとめたので、一緒に見ていきましょう。

※2021年3月31日時点

4-1 全体の求人総数とエリアごとの内訳

マイナビ薬剤師の求人総数やエリアごとの内訳は以下のとおりです。

求人総数:63,120件
非公開求人数:多数
首都圏求人数:17,815件
東海地方求人数:8,407件
関西地方求人数:12,445件

求人の総数は60,000件を超えており、この数は薬剤師の転職サポートを行う各サイトと比較してもかなり多いのが特徴ですね。比較として2021年3月現在の「薬キャリ」の求人数を見てみると、公開求人数は16,545件でした。

マイナビ薬剤師の首都圏の求人数とほぼ同じという点を考えれば、どれほど求人が豊富かわかりますね。求人数が多いということは、選択肢の広さにもつながります。理想の転職をするためにも、出来るだけ求人数の多いサービスの利用がおすすめです。

勤務先のタイプ別の求人数

次は勤務先のタイプ別求人数を見ていきましょう。

調剤薬局:36,747件
ドラッグストア(OTCのみ):11,189件
ドラッグストア(調剤併設):6,499件
病院・クリニック:3,133件
一般企業(管理薬剤師など):302件

薬剤師の勤務先としてオーソドックスなドラッグストアや調剤薬局はもちろん、一般企業の管理薬剤師などの求人も扱っています。またごく少数ではありますが治験や臨床開発の求人も取り扱っており、幅広い選択肢から転職可能です。

通いやすさや時間の融通を考慮してドラッグストアを選ぶか、収入やスキルアップを目指して医療機関に転職するかは個人の選択に任されますが、そのような自由な選択肢を用意しているのも、マイナビ薬剤師の特徴ですね。

転職希望の条件別の求人数

続いて転職希望の条件別の求人数を見ていきましょう。

土日休み(年間休日120日以上):2,568件
在宅業務あり:2,598件
年収600万以上可能:11,478件
原則、引越しを伴う転勤なし:20,820件
産休・育休取得実績あり:39,091件

上記の条件を見ていくと、働き方に重視した求人を多くそろえていることがわかります。特に土日休みや、産休・育休実績があるのは、子育て世帯には嬉しいですね。仕事と家庭を両立させるために転職を考える薬剤師も多いため、その点は魅力です。

また、上記の条件検索は組み合わせて行うこともできます。したがって上記の条件すべてを満たした求人もあり、自身の転職の目的や状況に合わせて検索可能です。

マイナビ薬剤師の実績

先ほどまでの項では、定量面に着目して掲載している求人を調査してきましたが、公式サイトではマイナビ薬剤師を利用した転職者の実績データも公開しています。

そのデータをもとに、転職回数、はじめての転職の年齢、転職前の業態、紹介求人の傾向についてまとめました。

転職回数 

はじめて:20% 2回目以降:80%

はじめての転職の年齢

28歳未満:29.5% 29~35歳未満:50.2%

転職前の業態

調剤薬局:57.4% 病院・クリニック:19.4%

紹介求人の傾向

調剤薬局:65% ドラッグストア:22%

上記の公開情報を見ていくと、複数回の転職歴のある薬剤師が多いとわかります。加えて35歳未満の比較的若い世代が全体の8割程を占めており、多くが調剤薬局や病院勤務でした。

また紹介求人の傾向を見ていくと、同じく調剤薬局かドラッグストアが多いとわかりました。ここ数年は大手資本の調剤薬局やドラッグストアの台頭が、求人数の増加につながり、それが上記のような求人傾向に表れています。

(実績参考 マイナビ薬剤師

独自調査で分かったマイナビ薬剤師のメリット

(マイナビ薬剤師公式ホームページ:photo by Mynavi Corporation

前の章では、マイナビ薬剤師の基本情報や口コミについてご紹介しました。ここまでの分析結果をふまえて、改めてマイナビ薬剤師のメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット1

マイナビ薬剤師は、求人数が多く担当者のフォローが手厚いです。

日本最大級の人材サイト「マイナビ」にて取引のある企業から求人掲載の依頼を受けており、他サイトにはない求人を豊富に取り揃えています。

マイナビ社員は転職に関する研修を受けており、薬剤師の業界動向に日々目を光らせています。彼らは豊富な知識を駆使して個々に合ったアドバイスを送り、日々転職者のサポートに努めています。転職の経験がないという方でもマイナビ薬剤師なら安心です。

メリット2

マイナビ薬剤師は調剤薬局やドラックストアへの転職に強いです。

マイナビ薬剤師の実績でご紹介したとおり、マイナビ薬剤師は調剤薬局の保有求人が全体の65%を占めており、次いでドラックストアの求人も22%と割合が高くなっています。

最近は、調剤部門併設型のドラックストアが増える傾向にあるので、比較的求人数も多く、探しやすいでしょう。

マイナビは長年取引の取引で得た人脈を駆使して、他の転職サイトに一切掲載されないドラックストアや企業のレアな求人を掲載しており、自分に合った案件を見つけ出せます。

(参考 ドラッグストアの売り上げが伸びている理由とその働き方とは

メリット3

マイナビ薬剤師は、さまざまな医療系転職・就職サービスを提供しています。

今回ご紹介しているマイナビ薬剤師以外にも、看護師求人に特化した「マイナビ看護師」、医師転職に特化した「マイナビDOCTOR」、総合的な業界求人を保有した「マイナビ転職」などがあります。その他にも、「マイナビコメディカル」「マイナビ介護職」などもあり、特に医療業界での転職支援に対して、信頼あるマイナビブランドを確立しているのは他サービスと差別化できるポイントの1つでしょう。

独自調査で分かったマイナビ薬剤師のデメリット

続けて、独自調査によって判明したマイナビ薬剤師のデメリットを3点ご紹介します。転職サービスを利用する際は、メリットとデメリットを比較しておくことが大切です。

デメリットを知らずに転職サービスを利用していると、思わぬところでつまずく可能性も考えられます。マイナビ薬剤師をぜひとも活用したいと考えている方も、よりよくサービスを利用するために、しっかりチェックしておきましょう。

デメリット1

担当者によって転職までのスピードが大きく異なり、場合によっては合わないと感じることがあります。早い場合は転職までに1か月もかかりませんが、最長で1~2か月かかる可能性があります。

スピーディーに転職したいと考えている方が、じっくり作業を進める担当者に当たると、遅いと感じてしまうこともあるでしょう。反対に、しっかり相談して転職したいと考えている方の担当者がスピーディーに進めるタイプだと、不安感や不信感を感じてしまうでしょう。

このように、転職活動の満足度は、担当者の相性にも大きく左右されます。最初にどのようなスタンスで転職活動を行いたいか希望を伝えておくと、担当者もできる限り配慮してくれるはずです。自分の意見は遠慮せずにしっかり伝えていきましょう。

デメリット2

マイナビ薬剤師は病院やクリニックの求人数が多いというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際は調剤薬局の求人がメインになっています。

調剤薬局やドラックストアの求人が多い点はメリットでご紹介しましたが、病院やマイナビ薬剤師に掲載されている求人のうち、約6割は調剤薬局の募集です。病院や企業への転職を検討されている方にはデメリットともとらえられるでしょう。

しかし、マイナビ薬剤師の取り扱い求人数は58,278件以上(※2019年12月19日 現在 マイナビ薬剤師に記載)とされており、転職者一人あたり平均19.5件もの求人紹介を行っています。

病院・クリテックの求人数割合が低かったとしても、もともとの保有求人ボリュームが多いため、実際は十分に転職検討できると考えられます。

デメリット3

口コミなどを見ると担当者から応募先の企業を強く勧められたり、転職を急かされたりすることもごくまれにあるようです。

失敗しないようにじっくりと転職先を選びたい、転職においてここだけは譲れない、といった条件は誰しも持っていると思います。担当者のアドバイスを聞く姿勢はもちろん大切ですが、話を聞き過ぎてなんとなく流されてしまうと、転職してから後悔することもあるでしょう。

あらゆる転職情報に対して本当に合っているのか疑問を持ち、取捨選択する習慣をつけましょう。担当者から勧められた転職先が条件と違うと感じたら、時にはっきりと断る勇気を持つことも大切です。

ただし、皆さんが応募しようと思っている人気求人は日々入れ替わっていくため、ある程度のスピード感を持つことは大切です。最低でも、マイナビ薬剤師に登録して3か月以内には転職先を決めるスタンスで利用することをおすすめします。

マイナビ薬剤師がおすすめな人は?

ここまでの口コミ、評判や、保有求人の傾向などをふまえると、マイナビ薬剤師は次のような人におすすめです。

・転職に慣れていない
・調剤薬局やドラックストアに転職したい
・希望する条件が複数ある

転職が初めての場合でも、マイナビ薬剤師のノウハウを持った担当者にあらゆる面でサポートしてもらえるので、安心です。

マイナビ薬剤師の社員は、最新の薬剤師転職の動向を知っている方も多く、価値のある情報を手に入れることができるでしょう。また、調剤薬局やドラックストアの求人情報が多く、そちら方面へ転職を考えている方に適しています。

マイナビ薬剤師は、希望する条件が複数あり、なかなか条件に合う転職先が見つからない方にもおすすめです。業界最大級であるマイナビは取引先も数多く、他の転職サービスにはない求人情報が掲載されています。難しい条件であったとしても、対応可能な求人情報がマイナビ薬剤師であれば見つかるでしょう。

マイナビ薬剤師はこちら

マイナビ薬剤師と併用がおすすめなサイト一覧!

転職活動を行う場合は、複数のサイトに登録しておくことをおすすめします。求人に偏りがある場合でも、デメリットをカバーし合うことができ、条件のいい求人情報を見落とす可能性も低くなるでしょう。マイナビ薬剤師と併用がおすすめの転職サイトの一覧を表形式でご紹介します。希望する転職先や職種に合ったサイトをお探しください。

サイト名 サイトの特徴
リクナビ薬剤師 提案力が高く、丁寧なコンサルティングに定評あり。
ドラックストア求人、年収の高い薬剤師募集が多い。
マイナビ薬剤師 他サイトにない求人情報が掲載されていることも。調剤薬局やドラックストアの薬剤師募集が多い。
薬キャリエージェント 病院や企業の薬剤師募集が多い。薬剤師求人に特化しており、どの年代でも対応可能。
薬剤師転職ドットコム 調剤薬局の募集が全体の9割以上を占めるが、役職付きや高収入の非公開求人も多い。

まとめ

マイナビ薬剤師について、口コミや独自調査の結果から判明した特徴をご説明しました。

マイナビ薬剤師は業界トップクラスの求人数を誇りますが、調剤薬局やドラックストアの求人が半分以上を占めるという点は、覚えておくとよいでしょう。

マイナビ薬剤師には他サイトにない求人も多く、転職を考えている方はひとまず登録しておくことをおすすめします。本記事でご紹介した他サイトを併用し利用することで、欠点を補い合うこともできます。ぜひ上手く活用して、転職活動を成功させてください。

マイナビ薬剤師はこちら

タイトルとURLをコピーしました