管理薬剤師とは?年収から転職方法まで徹底解説!

薬剤師転職

管理薬剤師は、薬剤師としてのキャリアアップを見据えて選ばれることも多いです。キャリアアップにつながりやりがいを得られる、転職に有利に働く、年収が上がるなどさまざまなメリットがあり、薬剤師の職種の中で注目されています。

今回は、管理薬剤師の職務内容や必要なスキル、年収、具体的な転職方法など管理薬剤師を徹底解説します。薬剤師の転職にも役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

管理薬剤師とは?

管理薬剤師は、病院や調剤薬局、保険薬局、ドラッグストア、企業などで働く薬剤師の責任者のことを指しています。調剤薬局や保険薬局などでは、医薬品医療機器等法によって管理薬剤師一人の配置が定められています。なお、病院では「薬局部長」などの役職で薬剤師の責任者にあたるが、管理薬剤師にあたります。

管理薬剤師は、医薬品の管理や薬剤師の指導、育成などの業務を担い、場合によっては薬の調剤や服薬指導など薬剤師としての業務を行うこともあります。詳細な業務内容は、勤務先によっても異なります。

管理薬剤師と一般的な薬剤師の違い

管理薬剤師と一般的な薬剤師は、業務内容に違いがあります。一般的な薬剤師は、調剤業務や服薬指導、薬歴管理などといった業務を行う職種です。一方で、管理薬剤師は、医薬品の管理や医薬品使用者への情報提供業務、薬剤師の指導、育成、会議への参加など「管理業務」と「薬剤師の監督指導」などの業務が任されます。

薬局やドラッグストア、病院、企業などにおいて、薬剤師のリーダー的立場となり、責任者として現場を統括していく役割を担っています。

また、管理薬剤師になることで、薬剤師よりも高い年収が期待できます。責任ある立場は薬剤師よりも業務の負担が大きく、時に大変に感じることもあるでしょう。しかし、その分給与が高くなる場合も多く、キャリアアップを見据えて管理薬剤師の職務に就く人もいます。

管理薬剤師の職務内容

管理薬剤師の職務内容は、勤務先によっても異なります。ここからは、病院、薬局、ドラッグストア、企業など勤務先ごとの職務内容について詳しく見ていきましょう。

病院

病院では、「薬局長」や「薬局部長」などの役職で入院患者への医薬品の管理や薬の調剤、処方などを行います。他にも後輩薬剤師の育成や指導、医師や看護師、作業療法士などとともにカンファレンスへの参加、治験の管理業務などもあります。なお、病院には、薬局に定められているような管理薬剤師の配置の義務付けは特にありません。

薬局の管理薬剤師と大きく異なる点は、入院患者に対しての処方と多職種との連携です。薬局は来院した患者を対象としたものになりますが、病院は入院患者を対象としたものです。入院患者の症状や身体の状態に合わせた適切な調剤や処方が必要になります。また、病院の管理薬剤師は、薬事責任者として他の職種と連携し、治験や衛生管理、医薬品の管理など幅広い業務に対応していかなければなりません。

調剤薬局と保険薬局

調剤薬局と保険薬局では、薬剤や医薬品などの在庫管理や品質管理、患者への情報提供業務、薬の副作用についての情報収集や報告、薬剤師の指導、育成などを行います。また、これらの業務と並行し、薬剤師としての業務を行うケースも多いです。勤務先によっては、薬局経営のマネジメント的な役割を担う場合もあります。お客様に求められる薬局であり続けるために、現場の責任者として会議に参加し、意見を求められることも少なくありません。

ドラッグストア

ドラッグストアでの管理薬剤師の業務は、薬剤や医薬品の管理業務や情報提供業務など調剤薬局や保険薬局と同様の業務も多くあります。他にも、レジ打ちや品出し、商品の管理や在庫管理、POP作成などドラッグストアの店舗スタッフとしての仕事もあります。

ドラッグストアの業務で特徴的なのは、お客様の身体の不調や悩み事への相談に乗り、必要に応じてアドバイスや提案を行うことです。医薬品や、サプリメントなどの健康食品、介護用品など商品に関する幅広い知識やコミュニケーション能力も必要とされる仕事です。

企業

医薬品や医療機器、化粧品メーカーでも、管理薬剤師の配置が義務付けられています。企業の管理薬剤師も薬局などと同様に、医薬品の管理や情報提供業務などに努めます。その他、医薬品に関する許可申請や新薬開発のための情報収集、報告など企業ならでは業務を担うことも。患者への接客を行うことは基本的になく、企業の内勤として働くケースが多いようです。

管理薬剤師に求められるスキル

管理薬剤師は、薬事のプロフェッショナルであり続けなければなりません。医療が急速に発展していく中で、次代を担う若手薬剤師の適切な指導や育成が求められています。管理薬剤師は、豊富な知識や経験をもとに、薬剤師の意欲や適性を見極め、活躍する人材を育てていく必要があるのです。そのためには調剤業務や服薬指導など薬剤師の業務において新人や若手のよりよい見本となり、専門家として高い技術力と知識を保有しなければなりません。

リーダーとして薬剤師を監督、指導するなど、マネジメントのスキルも必要です。また、薬局の運営について時に意見を求められる場合もあるでしょう。薬の専門家として知識を常にアップデートし、高い対応力が求められる仕事です。

管理薬剤師の年収

第22回医療経済実態調査で発表された統計(278ページ目)によると、管理薬剤師の平均年収は751万8,472円でした。管理薬剤師の給与は一般的な薬剤師の給与よりも高い傾向があります。薬剤師としてしばらく働き、管理薬剤師になることでキャリアアップにつながり、年収アップも見込めるでしょう。

管理薬剤師になるメリットとデメリットは?

管理薬剤師を目指す場合、職種のメリットやデメリットについても知っておきたいところです。ここからは、管理薬剤師のメリットやデメリットを詳しく紹介します。

管理薬剤師になるメリット

まずは、管理薬剤師のメリットから見ていきましょう。

やりがいを持てる

管理薬剤師は、薬剤の管理や後輩の指導、育成、薬局のマネジメントなど一般的な薬剤師に比べて、責任感のある業務が多くあります。業務内容も幅広く、大変な側面もありますが、管理薬剤師にしか務まらない仕事でもあるため、多くのやりがいや楽しさ、面白さなどをえられるでしょう。

キャリアアップにつながる

管理薬剤師になることで、キャリアアップにつながります。薬剤師として働いていた時よりも給与がアップするケースも少なくありません。薬剤師として更に上を目指し、向上していきたいという人が、管理薬剤師の職務に就き、大きく活躍しています。

転職に有利に働く

一般的な薬剤師よりも管理薬剤師は求人の選択肢の幅も広がり、転職に有利に働くことも多いでしょう。後輩の指導、育成やマネジメントなどの経験があると、転職の際のアピールポイントにもなります。これまでよりも高い給与で転職できるなど、管理薬剤師の経験が転職に大きく役立ちます。

管理薬剤師になるデメリット

次に管理薬剤師のデメリットを紹介します。

仕事の負担が大きくなる

責任ある立場の管理薬剤師は、仕事の負担が大きくなります。一般的な薬剤師の業務をこなしながら、薬剤の管理や後輩の指導、育成、会議への出席など複数の業務を並行して行う場合も多く、負担が重くのしかかることがデメリットになることもあります。

副業ができない

管理薬剤師は、薬事法によって薬剤師の副業が禁止されています。薬局やドラッグストアなどの二つ場所で働くという薬剤師も多いですが、管理薬剤師は副業ができない職種となっているのです。副業や兼業を考える人には、向いていない側面もあるでしょう。

勤務時間や勤務日数が増えることも

薬局の責任者として働く管理薬剤師は、場合によっては勤務時間や勤務日数が増えてしまうこともあります。薬剤師が不足している時や急な休みに対応するために、現場の責任者として管理薬剤師が出勤するということもあるのです。

管理薬剤師になる方法

管理薬剤師には、これといった資格がありません。管理薬剤師になるには、薬剤師として経験を積みながら、キャリアアップする必要があります。ここからは、管理薬剤師になる具体的な方法を紹介します。

①内部昇進をする

内部昇格をして管理薬剤師になる方法があります。薬剤師として経験や知識を重ね、職場で認められることで管理薬剤師の職務に就くことが可能です。管理薬剤師は、実務経験3年以上、かかりつけ薬局では実務経験5年以上が必要。管理薬剤師になるには最短でも3年の月日を要します。

内部昇進ができるかどうかは、勤務先の状況や待遇などによっても大きく変わるものです。また、「将来は管理薬剤師として働きたい」という自身の意欲を上司に伝えておくことも大切です。内部昇進を見込めない場合には、早めに転職を考えるケースもあります。管理薬剤師を目指す際は、職場での将来性を見極めた適切な判断が必要になるのです。

②転職をする

転職をして管理薬剤師になるケースもあります。職場で年配者が多い時などは、転職をしたほうが管理薬剤師になれる可能性が高いこともあるでしょう。管理薬剤師の求人には、「残業なし」や「土日休みあり」のもの、「年収500万円」や「年収600万円」などさまざまなものがあります。転職の際は、自身の希望するキャリアを考慮し、着実にステップアップしていける職場を選ぶことが大切です。

転職して管理薬剤師を目指す場合に注意したいこと3つ

転職して管理薬剤師を目指す場合、職場の業務内容や業務量、労働条件、職場の薬剤師の人数の3点に注意が必要です。ここからは、3つの注意点を詳しく解説します。

職場の業務内容や業務量に注意する

管理薬剤師は、職場によって業務内容や業務量が大きく異なります。

例えば、企業に勤務する管理薬剤師は、許可申請に関する書類の作成や薬品に関する情報収集、取引先へ提出する薬品書類の資料集めなどの業務を担うこともあり、業務量が多くなることもあります。これらは、薬局の管理薬剤師にはほとんどない業務です。また、企業の管理薬剤師は、患者に直に接する機会はないケースが多く、内勤として企業で働いています。

企業や薬局など、どの勤務先においても、業務内容や業務量が非常に多い場合には、注意が必要になります。転職者は、仕事内容が自身にこなせるものであるあるかどうかを見極めていかなければなりません。給与の高さばかりに目を向けるのではなく、業務内容や業務量と給与のバランスが非常に大切になります。

激務であったり、業務内容が希望と大きく外れていたりすると、そこからやりがいや充実感を得るのは難しくなります。

職場の労働条件に注意する

転職の際は、職場の労働条件をしっかり確認しましょう。同じ管理薬剤師の職種でも、企業によって提示される労働条件は当然ながら変わってきます。転職先を決める一つの基準にもなるため、注意して見ておきたいところです。

具体的には、年間休日日数、残業代の有無、役職手当の金額、交通費の支給範囲、福利厚生などの項目を確認します。不明点がある場合には、面接の際などに積極的に質問しておきましょう。入社前に労働条件の疑問点をできるだけなくしておくことが、企業とのミスマッチを防ぐことにつながります。

職場の薬剤師の人数に注意する

職場によっては、薬剤師一人で業務を回している店舗もあります。薬剤師の人数が少ない場合には、それに比例して当然ながら一人あたりに課される業務量は多くなります。調剤や服薬指示などの業務をこなしながら、管理薬剤師としての仕事を並行して行うケースもあるのです。

特に一人薬剤師の職場は業務の負担が多いため、管理薬剤師としての経験が少ない場合には、避けたほうがよいかもしれません。

管理薬剤師の転職におすすめな転職サイト・転職エージェント3選

管理薬剤師の転職には、情報収集などにも役立つ転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、管理薬剤師の転職に利用したい転職サイトや転職エージェント3選を紹介します。

マイナビ薬剤師


今すぐ無料登録!

マイナビ薬剤師は、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが管理薬剤師の転職に向けて手厚いサポートをしてくれます。全国の15拠点でサービスを展開し、豊富な求人数が魅力です。

転職者は、キャリアアドバイザーに自身の希望する職場や年収、キャリアアップなどを相談しながら、転職を進めていくことが可能。キャリアアドバイザーは、薬局やドラッグストア、病院、企業などさまざまな場所で情報収集を行い、リアルな情報を届けてくれます。また、マッチする求人を探し、転職者の代わりに給与の交渉を行うなど、自身では行うことの難しい内容にも対応してくれます。

マイナビ薬剤師は「積極採用中の求人」「ママ薬剤師向け求人」「企業で働く薬剤師の求人」「病院、クリニック求人」などが掲載され、見やすいサイトが特徴的。管理職候補の薬剤師求人も一覧で見られるようになっています。無料転職サポートは、約1分の登録でサービス開始となります。サポートを受けながら、効率的に転職したい方は、無料転職サポートへの登録がおすすめです。

ファルマスタッフ


今すぐ無料登録!

株式会社メディカルリソースが運営するのが、医療系人材サポートサービスのファルマスタッフです。ファルマスタッフは、転職者一人一人と丁寧に向き合うコンサルタントによる個別相談が魅力。薬剤師に選ばれる転職サイトとして、多くの方が利用しています。

管理薬剤師の求人を探している人は、「管理薬剤師の求人特集」を見てみましょう。こちらでは、管理薬剤師の求人を、都道府県、市区町村、業種、更には雇用形態で探すことができます。

また、ファルマスタッフは全国12か所に拠点を構え、エリア別の情報収集を行うことで、転職者に地域密着型の充実したサポートを提供。ファルマスタッフのサービスは無料となっています。サービスの主な流れは、①申し込みフォームからの登録、②コンサルタントによる面談、③求人の紹介と応募、④コンサルタントによる条件面の交渉、⑤就業という形になっています。

転職に関する書類の添削や面接対策、日程調整などを行う他、薬剤師のスキルアップやキャリアアップに向けて教育サービスも提供。グループ企業に大手薬局チェーン店を構え、独自の教育ノウハウに基づいた充実の内容となっています。

リクナビ薬剤師


今すぐ無料登録!

リクナビ薬剤師は、大手人材紹介会社として有名なリクルートホールディングスが運営しています。リクルートのノウハウが詰まった転職サービスです。

管理薬剤師の求人も多く、「土日休みの薬局求人」「残業ナシ求人」「高収入求人」「駅チカ求人」など希望や好みに合わせた求人を多数用意。また、キャリアアドバイザーに関する利用者から口コミや評判が高いのも嬉しいポイントです。面接日程の調整から合否連絡、退職手続きの仕方まで面倒な連絡業務や事務手続きのサポートを行うなど、強力なフォロー体制があります。

フリーワードで「管理薬剤師」を検索すれば、管理薬剤師の求人がずらりと並びます。気になる人は、登録してみてください。

管理薬剤師の転職でキャリアアップを目指してみよう!

管理薬剤師は、薬局や病院、ドラッグストア、企業など勤務先によっても業務内容が大きく異なる職種です。転職の際に有利になるといったメリットがある一方で、副業は禁止され、業務の負担が大きいといったデメリットもあります。

管理薬剤師の転職を希望する方は、メリットやデメリット、転職の際の注意点などをしっかりと把握した上で転職活動を行っていきましょう。管理薬剤師の転職が将来のキャリアアップにつながるものになるよう、転職者は自身に合う就職先を見極めることが大切です。

こちらで紹介した内容を参考にし、転職サイトや転職エージェントを利用しながら、納得のいく転職先を見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました