病院薬剤師に転職するためのコツ!おすすめの転職サイトはどれ?

薬剤師転職

転職をご検討中の薬剤師にとって、病院薬剤師は多くの可能性に満ちた魅力ある選択肢です。一方で、未経験の働き方にさまざまな不安を抱くのは当然のこと。そんな不安を少しでも解消していただくために、病院薬剤師として働く上で必要なスキル、病院薬剤師だからこそ得られるメリット、またその逆のデメリットについてご紹介します。加えて、実際に転職活動を進める上で役立つ転職のコツや転職サイトも網羅しておりますので、ぜひご一読ください。

病院薬剤師とは?

病院薬剤師とは、その名のとおり、病院に勤務する薬剤師のことです。調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師と大きく異なる点は、病院という組織の中で、医師や看護師をはじめ、さまざまな職種の医療スタッフが関わるチーム医療の一翼を担っています。

病院薬剤師には、「薬のプロ」として、その専門知識を生かして質の高い医療サービスを提供するために、院内のさまざまな部門で活躍の場が用意されています。その業務内容をくわしく見ていきましょう。

病院薬剤師の業務とは?

病院薬剤師は、医療チームの一員として、医師や看護師が担う治療を、薬剤に関わる専門知識を生かしながら支援していく立場にあります。主な業務の一つは、院内薬局における調剤業務です。医師が作成した処方箋を元に、外来患者に渡す薬を調剤する外来調剤や、入院中の患者に渡す入院調剤です。

もう一つは製剤業務で、市販の薬剤では効果が得られない、あるいはそのままでは使用できないなど、患者の状況に応じて院内で独自に薬を調剤・提供します。このほか、注射薬を調剤する注射調剤業務、点滴に注射薬を混合して整える注射薬混合調製業務もあります。

また、病棟勤務では実際に患者やその家族と面談し、持参の薬剤の内容や服用状況、アレルギー歴、副作用暦などさまざまな事柄をチェックし、治療のために服用する薬剤について説明します。服用後はその効果を確認して医師に報告、処方設計や提案も行います。

さらに、外来化学療法室では、抗がん剤治療を受けにくる外来患者向けに抗がん剤の調製、治療に関する説明、副作用のチェック、医師への処方提案などを行います。

ほかにも、救急救命センターにおける薬剤の選択や投与量、投与方法などの確認・調製、DI(Drug Information)室での薬品情報業務、新薬の臨床試験を支援する治験業務、特定の領域に特化した専門薬剤師としての業務など、病院において薬剤師が活躍する現場は多岐にわたります。

病院薬剤師に必要なスキルとは?

病院薬剤師には、患者を中心に据えたチーム医療体制がうまく回るよう、医師や看護師、栄養士など、各種医療スタッフと連携して動く力が求められます。チーム内のみならず、部署や部門といった違いを超えて連絡や確認、相談を行う場も多いため、普段からコミュニケーション能力を磨いていく努力が欠かせません。

それは、患者やその家族に接する場合でも同じことです。薬の専門家として治療薬の内容や治療方法等の説明をしたり、相談を受けたりする上で、まず患者や家族が抱える不安や疑問などを察知する必要があります。そのためには、心を開いてもらうために、親身になって接する誠実さが求められます。そうした人格面での資質も重要といえます。

病院薬剤師として働く上でのメリット・デメリット

病院薬剤師としての仕事柄、メリットもあれば当然デメリットも伴います。まずはメリットから見ていきましょう。

メリットその1. チームの一員としてのやりがい

患者や他の医療スタッフとの間で密にコミュニケーションをとりながら治療にあたるため、チームの一員としてのやりがいを実感できます。たとえば、自分が提案した薬物療法が功を奏し、結果が評価された時などです。

メリットその2. さらなる知識・経験が身に付く

内用薬や外用薬、注射剤、院内製剤、消毒剤など多岐にわたる薬剤を扱うため、幅広い薬剤の知識を身につけることができます。直に医師や患者などとやりとりをしながら、臨床治療の経験を積むことができます。病棟カンファレンスや研究会など、各種会合に参加する機会にも恵まれます。

メリットその3. 人として成長する機会に恵まれる

職種や所属、部門、年齢や性格など、さまざまに異なる人々と共に働くことを通じて、互いに成長し、人間性を高め合う機会に恵まれます。

 

次に、デメリットについても見ていきましょう。

 デメリットその1. ハードワーク

病院薬剤師は多忙になりがちです。同じ4週8休の勤務形態でも、夜勤や当直の回数、残業の頻度によって忙しさに違いが出てきます。

デメリットその2. 収入が低い

一般的に、病院薬剤師の収入は、ドラッグストアや調剤薬局勤務と比べると下がる傾向にあります。後ほど、病院薬剤師の平均年収について確認していくので、参考にしてみてください。

デメリットその3. 人間関係に疲弊する

患者、医療スタッフとの間の人間関係、上下関係に苦労して疲弊することがあります。

病院薬剤師の年収相場

マイナビ薬剤師の調査によると、気になる病院薬剤師の年収相場は、平均521.7万円です。ちなみに、調剤薬局の年収相場は583.8万円。業種すべてを含めた東京都の薬剤師の年収相場は553.5万円という結果になりました。勤続年数や年齢にもよりますが、製薬会社やドラッグストア、調剤薬局などと比べ、病院薬剤師の給与水準は一般的に低いといわれています。

にもかかわらず、病院が依然として薬剤師の間で人気が高い職場なのは、臨床経験が積める、患者に寄り添った薬剤治療ができるなど、キャリアアップややりがいの面でのメリットが大きいからです。

病院薬剤師に転職する前に確認しておきたい2つのポイント

病院にはさまざまなタイプがあり、その種類によって病院薬剤師として経験できる業務内容や働き方、給与や福利厚生などの待遇も変わってきます。そのため、病院薬剤師への本格的な転職活動を始めるにあたり、病院のタイプごとの違いもきちんと把握しておく必要があります。

例として2つの比較を挙げてみます。1つ目は、急性期病院と慢性期病院の違い。もう一つは、国公立病院と民間病院の違いです。

急性期病院と慢性期病院の違い

病院の機能は、患者さんの症状に基づく治療の緊急性に応じて、以下の2つに大別されます。

急性期病院とは?

病気を発症してから不安定かつ緊急性を要する状態の患者に対し、緊急の手術や検査、入院など、迅速な医療を提供して、短期間での回復・退院を目指す医療機関です。

患者の年代層は幅広く、緊急性を要するケアを提供するため、現場の医療従事者には高度な知識や経験が求められます。そのため、キャリアアップを目指すには格好の転職先です。

慢性期病院とは?

急性期を脱して症状は安定したものの、健康回復に向けてさらなる治療を必要とする患者を治療する医療機関のことです。患者の大部分が高齢者で、入院中のケアや退院後のフォローも含めて、完全回復に至るまで患者の健康を支えます。

治療のパターンがある程度決まっているため、業務のペースも比較的緩やかで、勤務体系もより安定します。患者に寄り添った薬剤治療の経験を積みたい、プライベートを大事にしたいなどの希望を持つ方に適しています。

国公立病院と民間病院の違い

病院は、運営母体の違いにより、以下の2つに大別されます。

国公立病院とは?

厚生労働省が運営するのが国立病院、各自治体が運営するのが公立病院です。職員は公務員扱いとなるため、産休や育休制度など、充実した福利厚生を受けられる、また定期昇給や退職金制度がしっかりしている点が大きなメリットです。診療科目も多岐に亘るため、さまざまな領域で経験を積む機会にも恵まれます。

一方、国内あるいは地域内での転勤が多いというデメリットも存在します。一つの病院で長く働き続けたい方には不向きな現場です。

民間病院とは?

民間の法人や団体が運営する病院です。給与や福利厚生といった待遇は、病院によりまちまちです。また、総合病院から単科病院、個人経営のクリニックなど、経営規模によって扱う診療科目の数も異なります。

小規模になるほど業務内容が限定的になる一方で、一定領域に特化した病院では専門性を高める機会に恵まれます。転勤がない点も大きなメリットです。

志望動機はどう書く?病院薬剤師に転職する上での難易度とコツ

求人情報サイトには何万件もの求人情報が掲載されていて、転職の機会は一見豊富に思われます。しかし実際には、これまでの勤務経歴によって、病院薬剤師に転職する上での難易度が変わってきます。

ここからは、病院から病院に転職する場合、薬局・ドラッグストアから病院に転職する場合、企業から病院に転職する場合の3つの転職パターンにおいて、転職難易度や注意点についてご紹介します。各ケースでの志望動機を準備する際のコツについても簡単に触れておきます。

病院から病院に転職する場合

難易度

前職が病院勤務である場合は有利に働くようにも思えますが、実際には全員が全員簡単に転職できるわけではないのが現状です。例えば、都市部の総合病院での勤務経験がある薬剤師の場合、医療機関の規模にかかわらず採用される率が高いなど、個々の事情により大きく転職難易度が変わります。

例えば小規模の病院で勤務してきた薬剤師の場合、豊富な経験と高度な専門性が求められる大手総合病院への転職は、かなりハードルが高い試みとなるようです。

注意点

病院に転職できたからといって、必ずしもやりたい仕事につながるとはかぎりません。たとえば、急性期病院と慢性期病院では、業務内容は大幅に異なります。せっかく多様な医薬品の知識を身につけたいと思って転職した先が慢性期病院だった場合、扱う医薬品数にも業務内容も限りがあるため、希望に沿わない結果に終わりかねません。

また、病院がどんな方針のもと、どんな仕組みで運営されているかも要チェックです。たとえば外来患者と入院患者が占める割合で、調剤業務と病棟業務の割合も変わってきます。

志望動機の準備

病院の規模や種類ごとに業務内容が変わるので、事前に病院の特徴や求める人材についてよくリサーチしておくことが肝心です。過去の病院勤務という経歴を元に、ニーズに応えられるキャリアを有する人材であることをアピールしましょう。

薬局・ドラッグストアから病院に転職する場合

難易度

調剤薬局やドラッグストアからの転職の場合、病院への転職難易度は高いものの、まったく可能性がないわけではありません。その場合の狙いどころは慢性期病院です。

急性期病院は、扱う薬剤の種類も多く臨床経験が積めることから、キャリアアップの機会が多い職場として人気があり、新卒者や経験者の採用率も高いため、狭き門となるのは必至です。対する慢性期病院の場合、急性期病院よりもやや人気が落ちる分、薬局からの採用率が高まります。

注意点

一般的に、薬局薬剤師は病院薬剤師よりも給与水準が高く、転職に伴い収入が下がる可能性があります。また、勤務パターンが固定化している薬局と異なり、土日・休日の出勤、夜勤や残業も増えてより多忙になる可能性もあります。

さらに、たとえばそれまで扱った経験がほとんどない注射薬の調剤など、扱う医薬品数の増加に伴い業務内容も増えるため、慣れるための勉強と努力が必要になります。

こうしたデメリットを踏まえても、チーム医療の一翼を担い、患者と直にやりとりできる点などにやりがいを感じられるなら、チャレンジする価値はあります。

志望動機の準備

薬局では得られない経験を積めることが病院勤務の大きな魅力ですから、前職の待遇を蹴ってでも転職したい熱意や、明確なビジョンや目的意識が伝わるように志望動機を組み立てましょう。転職コンサルタントの添削を受けて内容をよりよいものに仕上げることもお勧めです。

企業から病院に転職する場合

難易度

企業薬剤師から病院薬剤師に転職する場合、難易度は高いと言えます。たとえば大学を卒業してからMRとして経験を積んできた方の場合、大学を卒業してこのかた調剤業務には携わってこなかったもの、とみなされます。それでも薬剤師の国家資格を有している点で、可能性はゼロと言い切れません。

注意点

企業において高い実績を積んできた人の場合、仮に病院薬剤師への転職が実現したとしても、収入ダウン、下手をすれば大幅の減少となりかねません。また、福利厚生の水準も大幅に下がるリスクを覚悟しておきましょう。

志望動機の準備

薬剤師としての業務経験がほぼゼロでのスタートになることから、「未経験可」の求人に的を絞って応募書類を出すのも一つの手です。企業での高待遇を捨ててまで、病院薬剤師としての仕事に熱意やビジョンがあることが明確に伝わるよう内容をまとめましょう。

病院薬剤師に転職する場合に登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

転職活動を本格化させる上で、まず肝心なのは、的確な情報収集活動。そこで役に立つのが、転職サイトや転職エージェントの活用です。

ただ、転職サイトや転職エージェントも海千山千、それぞれ特徴や強みも異なるため、初心者の場合、どのサービスを選んだらよいかで迷うあまり、初手でせっかくのやる気が減退しかねません。そんな求職者のお役に立てるよう、本記事では、有用な転職サービスを3つご紹介します。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、転職業界最大手のマイナビグループが運営する、日本最大級の薬剤師求人・転職サイト。「会う」をモットーにしていることからも、キャリアドバイザーとはメールや電話だけでなく、必要に応じて対面で面談し、親身なアドバイスを受けられる点が大きな魅力です。マイナビ薬剤師で掲載されている求人案件は、薬剤師専任アドバイザーが、薬局やドラッグストア、病院、クリニック、企業等に直接足を運んでヒアリングして収集した生の情報に基づいています。

全国15箇拠点でサービス展開しており、引越し先など不慣れな土地での転職活動のサポート、転職後のアフターフォローなども充実しています。

求人情報の一例として、東京北区の案件をご紹介します。こちらは、年収500万円〜700万円、在宅医療に注力している法人が運営するケアミックス病院での常勤薬剤師を募集する求人情報です。

求人を見る

※2021年3月時点

今すぐ無料登録!

ファルマスタッフ

株式会社メディカルリソースが運営する、医療業界人材に特化した転職サービス。その大きな魅力は、一人ひとりと丁寧に向き合う個別の転職相談です。転職者の希望を実現する方法や悩みを一緒に考え、満足できる職場に巡り会えるようサポートを行っています。

全国12拠点の地域密着型で、エリア状況を詳しく把握していることも大きな特徴。コンサルタントができるかぎり足を運んで各職場をリサーチし、忙しさや雰囲気など、求人情表だけではわからない情報も把握しています。

さらに、グループ企業である日本調剤株式会社の教育ノウハウを生かし、転職者も含めた薬剤師向けのスキルアップ・キャリアアップ体制が整っていることも魅力の一つです。

こちらで掲載されている案件の一例として、東京都清瀬市の小児・皮膚科・整形外科専門病院で年収600万円〜700万円の求人情報をご紹介します。

求人を見る

※2021年3月時点

今すぐ無料登録!

薬キャリエージェント

世界最大規模の医療従事者向けプラットフォームを擁する、エムスリーグループが運営する求職・転職サイトが「薬キャリ」でそのエージェントサービスが「薬キャリエージェント」になります。医療業界では高い知名度を誇ります。さまざまなテーマにそった求人特集や、転職に役立つノウハウや業界動向情報も発信しています。

「薬キャリ」になりますが掲載案件の一例として、東京都八王子市の病院勤務で、経験不問で月給40万〜50万円、日勤のみで監査業務が8〜9割という求人もあります。

求人を見る

※2021年3月時点

今すぐ無料登録!

しっかり情報収集をした上で病院薬剤師に転職してみよう!

ここまで、病院薬剤師への転職に関するコツを中心にお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 病院にもさまざまなタイプがあり、規模や形態などの違いによって、業務内容や待遇が異なることがご理解いただけたかと思います。まずは情報収集が第一歩ということで、とりあえず転職サイトや転職エージェントへの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました