薬剤師の転職に化粧品会社・メーカーの選択肢!仕事内容や待遇など

薬剤師転職

薬剤師の就職先として化粧品メーカー・化粧品会社があることをご存知でしょうか?

薬剤師といえば、病院や薬局、ドラッグストアで調剤、医薬品の販売をしているイメージを多くの人が持っているのではないでしょうか。化粧品は品質管理や肌への影響、薬機法が関わる業務など薬学の知識を活かせる場面があるため薬剤師の需要があるといえます。しかし、病院や薬局、ドラッグストアなどの薬剤師の仕事と化粧品メーカーでは仕事内容が大きく異なるので注意が必要です。

今回は化粧品メーカー・化粧品会社で働く薬剤師の業務内容や転職などについて解説します。

化粧品会社・メーカーの薬剤師の仕事内容とは

一般的に薬剤師の専門性を活かせる職場としては病院や薬局、ドラッグストアを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。しかし、医療の現場以外にも薬剤師の専門性を活かせる職場として化粧品メーカーも存在し、仕事内容も多岐にわたるので様々な人が職能を活かして活躍されています。薬剤師が化粧品メーカーに転職するとどのような業務をするのか紹介していきます。

販売営業・マーケティング

化粧品メーカーが開発した製品を販売する場合には、製品の効能、安全性、使用法など使い方などを顧客、小売業者に対して説明する必要があります。化粧品に配合されている成分についての効能や安全性についてさらに詳しい情報をより深い内容で説明するためには薬剤師としての知識が重要です。専門的な知識はマーケティングに活用し、多くの消費者に知らせるために必要です。

品質管理

化粧品も通常の医薬品と同様に「薬機法」とよばれる法律によって規制されています。薬機法では、化粧品の製造過程で「GMP」とよばれている基準が定められています。GMPは、人による間違いを最小限にし、医薬品が汚染されたり、品質が低下したりしないように高品質な製品を保つ仕組みです。化粧品メーカーが開発した製品が薬機法に違反した成分が配合されたり、品質の低下を防ぐのは重要な業務の1つといえ、薬剤師にその適性があります。

薬事職

日本で化粧品の製造販売、輸入販売をするためには「医薬品製造販売承認」を受ける必要があります。承認を受けるためには化粧品の品質、有効性、安全性に問題がないこととGMPに適合していることが要件に含まれ、薬機法に対する知識が必要とされます。その他にも、医薬品、化粧品の成分や薬機法に対する知識を総合的にもっている薬剤師の需要は高いといえます。

DI業務

DIとはDrag Informationのことで医薬品情報管理の意味があります。学術職と呼ばれたりもします。全ての化粧品メーカーの営業の方が自社製品に対して専門知識をもっているというわけではありません。化粧品に配合されている成分の効能や安全性について不安を感じたり、疑問を感じたりした顧客に対して解説する専門家が必要とされることがあります。学術部門でのDI業務は医薬品の専門家として薬剤師の役割は重要です。

研究開発

大手化粧品メーカーなど自社で製品を研究開発している会社もあります。化粧品メーカーの研究開発は求人も非常に少なく、大学で行っている研究と同じように実験などをするため大学院を卒業して修士、博士をもっているのが望ましいでしょう。しかし、化粧品は皮膚への効果の計測、HPLCなど分析法などが必要となってくるため薬学部での研究で行われる生物、化学系の実験スキルと親和性が親和性があるといえるでしょう。

化粧品会社・メーカーの待遇、年収の特徴とは?

化粧品メーカーは、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどに比べると企業規模が大きいことが多いので福利厚生などの待遇が充実していることが多いです。化粧品メーカーの待遇や年収についてここでは紹介します。あと簡単に化粧品会社・メーカーで働くその他のメリットについてもまとめます。

年収は比較的高水準

化粧品メーカーへの薬剤師の転職は一般企業(メーカー)への転職のため入社直後は調剤薬局やドラッグストアより年収は低いことが多いですが、勤続年数によっては他の業種よりも高年収を狙うことができます。研究開発職やマーケティングは化粧品メーカーにとって重要な役割であるため年収が比較的高めです。

休みはカレンダー通りのことが多い

化粧品メーカーは小売業などのサービス業ではないため土日休みでカレンダー通りの長期休暇も取りやすい傾向です。いわゆるサラリーマン的なスケジュールになります。また、勤務時間も9時から18までと通常の企業と同じような時間帯であることがあり、フレックス制度を導入している企業も存在しています。

福利厚生が充実していることが多い

化粧品メーカーは大手企業が多い上に女性社員も多いため出産や育児などの理解を得られやすく、産休や育休も取得しやすい傾向があります。特に大手メーカーほど女性が働きやすい制度、福利厚生がしっかり整備されています。

化粧品メーカーの業務内容は研究開発、営業販売、学術部門、品質管理など様々な存在しています。化粧品メーカーに勤務することで様々な専門職との交流したり、移動する可能性もあるので病院、調剤薬局、ドラッグストアの薬剤師に比べると多岐にわたる業務を経験できる可能性があります。これは上記の待遇や年収にならぶ転職メリットの1つです。

また、日本全国に支社がある場合には全国転勤がある可能性もあるのでいろんな場所働けることがメリットに感じる方もいるでしょう。

あとは「使用感評価試験」という試験があり、製品を使った心地良さや製品の使いやすさなどを化粧品メーカーでは試験します。化粧品メーカーに勤務すると自社製品のモニターとして最新の化粧品を試すことができ、これをメリットに感じる人もいるでしょう。最新の美容情報も入手しやすいので美容に興味がある女性には非常に魅力的な職場といえます。

化粧品会社・メーカーの求人傾向は?

病院や調剤薬局、ドラッグストアの求人と化粧品メーカーの求人では傾向が異なる点がいくつかあります。化粧品メーカーの中でも希望する職種によって異なるので確認はした方がいいでしょう。

求人数自体が非常に少ない

化粧品メーカーは人気の高い職種で、一般企業と同様に新卒採用がほとんどで中途採用の求人が少ないです。また、新卒採用の場合でも薬学部以外の様々な大学の学生が応募するために非常に狭き門であるため化粧品メーカーに就職する難易度は高いといえます。

求人の少なさの背景には離職率の低さがあります。大手化粧品メーカーになるほど福利厚生と年収など待遇面が充実することが多く、女性の出産、育児などのライフイベントでの離職も少ない傾向です。そのため、離職によって欠員を補充するための募集も非常に少ないです。化粧品メーカーの転職を考えた場合には欠員を根気よく待つ必要があります。

転勤覚悟の転職になることが多い

大手化粧品メーカーの中には国内でも幅広い拠点で事業運営をしていて、海外で事業展開している企業もあります。そういう意味で転勤はある程度覚悟が必要です。日本の化粧品ブランドは高品質で海外で高い評価を得ているものもあります。海外での化粧品販売をするための海外転勤する可能性もあります。

高い専門性が求められる

研究開発職への就職を考えた場合には非常に高い専門性と研究スキルが必要とされます。そのため、大学院を卒業して修士号や博士号を取得していた方が就職しやすい場合もあります。その他にも薬事職では薬機法への知識と深い理解が必要とされるので化粧品メーカーへ就職する場合に高い専門性をもっていた方がいいでしょう。

化粧品会社・メーカーに勤める場合の注意点

化粧品メーカーと病院や薬局、ドラッグストアの薬剤師では業務内容が異なるため調剤薬局などの一般的な薬剤師として復帰を考えている場合には注意が必要なこともあります。

調剤業務がないのでブランクとして見られることも

病院や薬局、ドラッグストアの薬剤師が行っている重要な業務として調剤業務があります。医師の診断によって発行された処方箋をもと医薬品を調剤する調剤業務は一部を除いて薬剤師のみが行える独占業務です。そのため、化粧品メーカーでの薬剤師が調剤業務を行うことがありませんので病院や薬局、ドラッグストアの薬剤師として復帰を考えた場合には化粧品メーカーでの経歴は考慮されずにブランクとして見られることが多いので注意が必要です。

薬剤師としての知識を蓄積できない

病院や薬局、ドラッグストアの薬剤師が必要とされる医薬品の知識と化粧品メーカー勤務の薬剤師が必要とされる知識は異なることが多いです。調剤業務で必要とされる医薬品の知識には薬の飲み合わせや注意点などがありますが、化粧品メーカーでは化粧品の成分や安全性などの知識が必要され、医療用医薬品の知識が必要とされる場面はほとんどないです。そのため、調剤薬局の薬剤師などに復帰を考えた場合には新しく知識を更新する必要があります。

ただ一方で研究開発職としての経歴は他の研究開発職への転職を考えたときは別職種での転職にも大きなメリットになる可能性があります。

未経験でも化粧品会社・メーカーへ転職可能?

化粧品メーカーの求人は非常に少なく、高い専門性を必要とするため、病院や薬局、ドラッグストアの薬剤師が未経験で化粧品メーカーに転職するのは非常に難易度が高いといえます。

業界未経験の場合は新卒ではないと難しい

化粧品メーカーは求人数が少なく、欠員がでた時に補充するために求人を出すことが多いため経験者や専門性の高い人材を必要としている場合が多いので、未経験者が化粧品メーカーに就職するのはかなり難しいです。未経験で化粧品メーカーに就職しようとした場合には新卒から就職した方がいいでしょう。しかし、化粧品メーカーは人気の高い職種のため高い学歴を有した様々な学部の学生がライバルになるため就職難易度は新卒でも高いのが現状です。

下請けの会社やパートなどから経験を積むのも1つの選択肢

化粧品メーカーの求人は非常に少なく、非常の狭き門であるためいきなり応募しても就職できるとは限りません。そのため、大手化粧品メーカーだけでなく、原料メーカーなどの下請け会社に就職して化粧品業界での経験を積んでキャリアアップのための転職をする方法もあります。その他にもパートやアルバイトの求人があれば応募してみて経験を積んでから正社員への昇格を目指す方法もあります。しかし、正社員への昇格が難しい場合もあるので注意が必要です。

化粧品メーカーだけでなく、化粧品を扱っている製薬会社など様々な企業に応募してみるのもいいでしょう。製薬会社の求人数も少ないですが、選択肢は多い方がいいです。

具体的に化粧品会社・メーカーの求人の探し方は?

化粧品メーカーの求人数は非常に少ないため複数の求人情報の入手先を確保していた方がいいでしょう。欠員の補充をするために行う求人を待つ必要があるので根気よく求人を探し他方がいいでしょう。

例えばハローワークでは企業が無料で求人を掲載できるため非常に多くの求人が掲載されています。しかし、化粧品メーカーの求人がハローワークで掲載されている可能性は非常に少なく、他の業種の求人も多いので目的の求人を探すのは困難であるといえます。

具体的には大手の転職サイトに登録すると転職エージェントのサポートを受けることが可能です。転職エージェントのサポートを受けることで求職者にあった求人を探してもらえるだけでなく、給与や待遇などの交渉も代わりにしてもらうことも可能です。数の少ない化粧品メーカーの求人を効率よく探すためにとても心強い味方です。

化粧品会社の薬剤師求人が見つかる転職サイト「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師はこちら

化粧品会社の求人を探すならこちらも登録「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師はこちら

化粧品会社への薬剤師転職記事:まとめ

化粧品メーカーは研究開発や営業販売、薬事職や学術部門など専門知識を必要とする業務も多く、薬剤師が必要とされる業務も多く存在しています。高い年収や充実した福利厚生が見込め、人気の高い職種であるため求人も少なく就職するためには非常に高い専門性と経験、スキルが必要とされます。

実際に転職するとなると未経験での転職が難しいのが現状です。しかし、薬剤師が化粧品メーカーへの転職が不可能というわけではないので転職サイトや転職エージェントをうまく活用してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました