30代薬剤師でも転職はできる?注意すべきポイントやオススメの転職エージェントを徹底解説

薬剤師転職

転職では「35歳の壁」と言われるものがあります。35歳以降は採用率が落ちるという話です。しかし、薬剤師業界は異なり、30代の薬剤師でも問題なく転職ができます

薬剤師は30代でも転職が難しくないため「キャリアアップのために転職しようかな」「もっと自分の生活スタイルにあった職場で働きたいな」「転職して年収を上げたいな」など、転職のことについて漠然と考えている30代の薬剤師さんは多いのではないでしょうか?選択肢が多いゆえに転職に一歩踏み出せてはいない人が多いのも事実です。

そんな30代薬剤師の方に向けて、今回は30代の薬剤師における多い転職理由や注意点、おすすめの転職エージェントなどを徹底解説!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

30代薬剤師でも転職はできる!しかしこんな人はNG

先にも書いた通り、30代でも薬剤師は転職は可能です。しっかりした目的があった上での転職はプラスに作用する事が多く、積極的にするべきでしょう。

しかし、誰もが簡単に転職できる訳ではありません。「調剤業務だけ行っていた」「マニュアル通りの業務しか行ってこなかった」という人は厳しい部分も多いでしょう。20代のうちであれば、その程度でも難なく採用されますが30代の薬剤師に求められるスキルは異なります

30代の薬剤師に求められるスキルは「替えがきかないスキル」

30代の薬剤師に求められるスキルの例として以下2点を挙げてみます。

  • 管理薬剤師やエリアマネージャーとしてのマネジメントスキル・管理スキル
  • 薬剤師の業務に留まらずに経営についても考える事ができるスキル

末端の業務だけであれば、経験の有無なんて誤差の範疇ですから、より長く働けるポテンシャルのある20代を積極的に採用します。

そのため、30代には実業務でしか培えない経験やスキルなどの「替えがきかないスキル」が必要になってきます。

30代薬剤師に多い転職の理由

次に、30代薬剤師に多い転職の理由を3つ紹介します。転職には様々な理由がありますが、中でも特に多いのは以下の3つです。

  • 年収アップのため
  • キャリアアップのため
  • 環境や生活の変化

それぞれ詳しく説明していきます。

1. 年収アップのため

一つ目は「年収アップのため」。30代の薬剤師に多い転職理由です。しっかりとキャリアや業務を積んでいれば、管理薬剤師など役職のついたポジションへの転職が期待できます。

当然、そういった役職ポジションの業務を遂行できる人材というのは限られるため、求人時の提示年収が上がります

また、必ずしも役職の有無だけで年収のアップが見込める訳ではありません。業績や予算の組み方によって、人件費にどれだけ費用をかけるかは、会社によって大きく異なります。そのため、業務内容は変わらないのに転職しただけで年収が上がるという事例も多数。

こういった事があるため、転職時には年収アップが期待でき、それを理由に転職する人が多いのです。

2. キャリアアップのため

次は「キャリアアップのため」。別の診療科で新しい知識を身に着けたい方や、もっと勉強会の多い職場が良い方など、キャリアアップのために転職を試みる方も多くいらっしゃいます。

もし、キャリアアップを狙って転職する場合には、転職エージェント等としっかりキャリアプランを練った上で実行しましょう。

40代以降になると、さらに転職のハードルが高くなるため、転職先の見極めが重要になってきます。

しっかりとキャリアプランを練って、転職先のリサーチを入念に行って転職をすれば、今よりも充実したキャリアを積めるでしょう。

3. 環境や生活の変化

最後は「環境や生活の変化」。30代では結婚したり子供が生まれたりと、20代と比べて環境の変化が多くあります。そのため、今まで通り仕事をする事が難しくなり、転職をするということも多々。

育児の為により近い勤務先や、時短勤務できる職場などを探す方がほとんどです。

【30代の薬剤師転職先】勤務別の特徴を紹介

この記事を読まれている方は、ご存知かとは思いますが、薬剤師と言っても勤務先によって業務内容や特徴が大きく異なります。

ここでは、代表的な以下5種類の薬剤師における特徴を説明します。30代の薬剤師が転職する際もほぼこれらに該当すると思われます。

  • 調剤薬局の薬剤師
  • ドラッグストアの薬剤師
  • 病院の薬剤師
  • 製薬会社の薬剤師
  • 公務員の薬剤師

調剤薬局の薬剤師

調剤薬局における薬剤師の主な仕事は、以下の2点。

  • 医師の発行した処方箋に沿った調剤業務
  • 患者への服薬指導

医師の発行した処方箋に沿った調剤業務

一つ目の業務は、医師の発行した処方箋に沿った調剤業務です。しかし、ただ処方箋通りに調剤をすれば良いという訳では無く、患者の症状に対して医師がどのような処方をしているのかを確認して、正しい処方がされているのかも判断します。

患者への服薬指導

二つ目の業務は、患者への服薬指導。薬の使用方法については勿論のこと、薬の飲み合わせに問題が無いか判断するために、服用している薬を聞き出す他、症状などを聞いて適切なアドバイスをします

そのため、調剤薬局の業務ではコミニュケーション能力も求められてきます。30代の薬剤師であれば相応の経験もあるでしょうし難易度が高い転職先ではないでしょう。

ドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの薬剤師における業務は多岐に渡ります。服薬指導がメインにはなりますが、それ以外にもレジ打ちや在庫管理、店頭に飾るPOPの作成など、薬剤師としての業務に留まらず、店舗全般の様々な業務に携わります。

注意すべきはOTCの販売。ドラッグストアでは医師の処方箋が無い状態で、患者から症状や体質などを聞き取り、自身で適切な医薬品を選びます。判断を誤ってしまうとクレームに繋がる他、副作用の問題などもあるため、注意が必要です。

また、長時間の立ち仕事である他、土日祝日にも出勤する場合があるため、体力が必要な仕事とも言えます。30代の薬剤師はまだ若いので問題ないケースが多いでしょうが、自身の体調やライフスタイルとも相談しましょう。

病院の薬剤師

病院の薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師の業務とは大きく毛色が異なります。メインの業務こそ処方箋の内容に沿った調剤業務ですが、注射薬の調剤や無菌製剤の混注など取り扱う薬剤が調剤薬局・ドラッグストアの比にならない数であります。

チーム医療の一員として医療現場の最前線で仕事ができるため、スキルアップに繋がります。しかし、そういった事から若い薬剤師に人気であり、調剤薬局やドラッグストアと比べて給料は低い傾向にあります。30代の薬剤師での転職事例も転職サイトには掲載があります。

製薬会社の薬剤師

製薬会社の薬剤師は、調剤業務がほとんどありません。製薬会社の薬剤師と言っても、様々な職種があり、主に以下の職種が製薬会社では募集されています。

  • 管理薬剤師
  • 治験コーディネーター
  • MR
  • DI/学術業務
  • 研究・開発職
  • 薬事職

中でも医薬品営業のMRは年収が高い傾向にあります。大手の製薬会社の第一三共や大塚HDなどの有価証券報告書の情報を見ると、平均年収が何と1,000万超え。給料をアップしたい方にはオススメの職種です。30代の薬剤師でも転身するケースがあります。

公務員の薬剤師

公務員の薬剤師は大きく2種類ありますが、いずれも国家試験又は公務員試験に合格する必要がある業種です。

種類については以下の2つ。

  • 国家公務員薬剤師
  • 地方公務員薬剤師

それぞれ、詳しく説明していきます。

国家公務員試験は30代までしか受けることができません。地方公務員については20代後半~30代前半と各自治体によってばらつきがあります。

国家公務員薬剤師

国家公務員薬剤師の業務は、調剤業務などではなく厚生労働省などの国の機関で、医薬品や医療、薬剤師などに関する様々な制度の設備・管理などを行います。

具体的には、薬事法などの法令づくりや医薬品の薬価算定などが挙げられます。

地方公務員薬剤師

地方公務員薬剤師は各都道府県庁や役場、公立病院などで勤務をします。配属先によって業務内容は大きくことなりますが、身近な保健所では環境衛生や食品安全の管理・指導を薬局や飲食店、食品工場などに対して行います。

基本的に3~4年ほどで異動になるため、様々な職場で働きスキルアップを狙えるのがメリットです。

30代薬剤師の転職で意識すべき3つのポイント

ここまで、30代薬剤師の転職について幾つか説明してきましたが、どんな場合においても30代の方が転職する時は以下の3つは必ず意識しましょう。

  • 30代後半から徐々に転職の難易度が難しくなる
  • 30代薬剤師の平均年収を把握しておく
  • 複数のエージェントと面談をして自分の市場価値を明確にする

それぞれ、詳しく説明していきます。

1. 30代後半から徐々に転職の難易度が難しくなる

冒頭でも説明した通り、35歳の壁という言葉がある程には一般的に歳を取れば取る程に、転職は難しくなります。それは、求められるスキルや経験、実績などのハードルが上がるためです。

そのため、基本的には30代の転職は、最後の転職だと思って臨んだ方が後悔しない転職ができます。明確な選定基準を自分の中で設けて、多くの企業の情報を取り入れてから転職しましょう。

2. 30代薬剤師の平均年収を把握しておく

30代薬剤師の平均年収は把握しておきましょう。企業にとって人件費とは固定費であり、可能な限り安く雇いたいというのが経営陣の本音です。中には、安く買い叩こうとしてくる企業もあります。

その際に、平均年収を把握していないと平均よりも安い給料で承諾してしまうなんてことも。

30代薬剤師の平均年収は600万前後!しかし目安程度に捉えておこう

30代の薬剤師の平均年収は男女ともに年収600万前後です。しかし、この平均値はあくまで目安程度にとどめておきましょう。(参照:マイナビ薬剤師

というのも年収600万前後の数値は、平社員の薬剤師から管理薬剤師や認定薬剤師などの給料も全て合算しての平均値。さらに、地域によって年収が100万円増減することもざらにあるため、必ずしも30代の薬剤師全員にあてはめれる数字では無いのは注意しておきましょう。自分の居住地域の薬剤師年収も調べてみるといいでしょう。

3,複数のエージェントと面談をして自分の市場価値を明確にする

上記の年収の話の延長ですが、本当に把握しておくべき平均年収は自分の持つスキルや実績、働く地域を加味した上での平均年収。しかし、そんな事はインターネットで調べても出てきません。

そんな時に役立つのが転職エージェントです。転職エージェント会社では様々な転職事例のデータがまとまっているため、自分の市場価値が明確に分かります。

当然、会社によって把握している転職事例は異なるため、複数の転職エージェントから情報を貰うことで、より最適な市場価値を把握することができるでしょう。

30代薬剤師におすすめの転職エージェント3選

先の通り、30代薬剤師の転職において転職エージェントはかかせない存在です。しかし、国内の転職エージェントサービスは、かなりの数があります。そんな中から品質の高い対応・求人を揃えているサービスを見つけるのは至難の業。

そこで、今回はexcite編集部が徹底したリサーチのもと、厳選した転職エージェントを以下の3つ紹介します。

  • 薬キャリエージェント
  • ファルマスタッフ
  • マイナビ薬剤師

転職エージェントは、各社によって持っているノウハウや取り扱いの求人案件も異なります。転職エージェントの利用は基本的に無料ですから、3社すべて使うと良いでしょう

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは、医療業界で様々なサービスを提供するm3グループが運営する転職エージェントサービス

様々なコネクションがあるエムスリーグループが運営していることから、求人案件の数はもちろんのこと、コンサルタントの満足度が95%と対応品質の高さも、うかがえます。
※2014年薬キャリ調査

今すぐ無料登録!

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営する転職エージェントサービスです。日本調剤グループという事もあり、ノウハウや研修制度が充実しています。

日本調剤は業界の最前線を走る企業と言っても過言ではありません。そのため、最新の業界動向をいち早くキャッチアップしサービスに落とし込んでいます

今すぐ無料登録!

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、言わずと知れた転職サービスの大御所、マイナビが運営する薬剤師専門の転職エージェントサービス

大手という事は、それだけサービスの品質が高い事の裏付けでもあります。それは、求職者側だけでは無く求人を依頼している企業サイドからの評価も高いという事。

そのため、マイナビ薬剤師では給与交渉などの条件交渉なども対応可能。他にも履歴書の添削はもちろんのこと、面接の同行など転職における様々な面でサポートしてくれます。

今すぐ無料登録!

30代薬剤師の転職についてよくある質問

最後に、30代薬剤師の転職についてよくある質問をチェックしてみてくださいね。

Q. 何歳まで転職は可能?

結論、転職は何歳でも可能です

しかし、年齢が上がるにつれて求められるスキルや実績のハードルが高くなります。そのため、年齢を重ねるにつれて転職の難易度が上がることは把握しておきましょう。30代前半よりも30代後半の方が選択肢はやや狭まるかもしれません。

Q. 転職回数が多いと転職に不利になる?

転職回数が多いと転職で不利に働くことは、あり得ます。企業は人材採用にあたって、広告費であったり、エージェントに対して報酬を支払ったりと多額の費用を使っています

そのため、すぐに転職されてしまっては、その分の費用が無駄になるため、転職回数が多いと転職が不利になることは十分にあり得ると考えれるでしょう。

逆を返せば、「長期的に勤務してくれれば問題無い」というだけの話のため、面接でどのような事を話せるかが肝になります。

求職者側の職歴をはじめ、面接時に聞かれる質問なども様々なパターンがあるため、エージェントの方と面接対策を徹底的しておきましょう

まとめ

今回は30代の転職について様々なポイントを解説しました。特に押さえておきたいポイントは以下の3つ。

  • 30代薬剤師でも転職はできる
  • 自分の市場価値を必ず把握する
  • 転職エージェントは複数社使う

まだ転職を決めていなかったとしても、まずは転職エージェントを使って面談を受けるのがオススメ。自分の市場価値と色んな会社の条件を見てみるだけでも、今後のキャリア形成に役立つことでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました